シュペッサルト (給油艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Tanker Spessart (A 1442).jpg
艦歴
建造者 クレーガー造船所
運用者 Naval Ensign of Germany.svgドイツ連邦海軍
計画
発注
起工
進水
竣工 1974年(民間タンカーとして)
就役 1977年9月5日
退役
除籍
除籍後
その後
母港 {{{母港}}}
主要諸元
艦種 給油艦
艦級 レーン級
排水量 満載 14,169トン
全長 130.0m
全幅 19.00m
深さ
高さ {{{高さ}}}
吃水 8.0m
機関 1軸推進
* ディーゼルエンジン × 1基
機関出力 5,880kW(8,000PS
速力 16ノット
燃料
航続距離 4,000海里(巡航速度:18ノット)
潜航限界深度
乗員 42名(民間人乗組員)
搭載量 11,500立方メートル
兵装
艦載艇 {{{艦載艇}}}
艦載機 {{{航空機}}}
艦載機
搭載総数 {{{総搭載機数}}}
飛行甲板
C4I
レーダー
ソナー
探索装置・
その他装置
電子戦
対抗手段
愛称
モットー
その他

シュペッサルトドイツ語Spessart, A 1442)は、ドイツ海軍給油艦レーン級給油艦の2番艦。艦名はシュペッサルト山地de:Spessart)に由来する。

艦歴[編集]

「シュペッサルト」は、1970年代にデンマークの船会社トルキルドセン&オルセン(Terkildsen & Olsen A/S)がリベリア船籍タンカーオカピ(Okapi)」として1974年にレンズブルククレーガー造船所de:Kröger-Werft)で建造されたが、短期間は同社所有であったが売却が決定され、1976年3月18日にドイツ連邦海軍が購入する。「オカピ」は「シュペッサルト」に改名され1977年9月23日に就役し、補給艦隊に配属され当初はキールを母港としていた。

1994年に補給艦隊は解隊し「シュペッサルト」は2個に編成された補給戦隊に転属する。1997年4月1日に補給戦隊は補助艦艇隊に統合される。

2009年3月にアタランタ作戦を支援するため12名の兵士と共にソマリア沖に派遣される。同年3月29日に商船と誤認したソマリア沖の海賊とみられる7人に襲撃され、救難信号を発しつつ[1][2]、拳銃で応戦してこれを撃退し[3]、その後ギリシャ海軍F 454 プサラ」、オランダ海軍F 802 デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン」、スペイン海軍F 82 ビクトリア」、アメリカ合衆国海軍LHD-4 ボクサー」の艦載ヘリコプターなどで襲撃者を5時間に渡って追跡して拘束し、「F 209 ラインラント=プファルツ」に移送された[4]

第2機動隊群補助艦艇隊に所属し、ヴィルヘルムスハーフェンを母港としている。

参考文献[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]