ポンティアック M39

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポンティアック M39
Cannon M39A2.png
F-5搭載のM39A2機関砲
種類 機関砲
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 1950年代–現在
関連戦争・紛争 ベトナム戦争
開発史
派生型 T75 20mm機関砲
諸元
重量 81kg

弾丸 20x102mm
口径 20mm
銃砲身 1
作動方式 リヴォルヴァーカノン
発射速度 1,500rpm
初速 1,030m/s
有効射程 2,000m
最大射程 5,000m

ポンティアック M39英語: Pontiac M39)は、アメリカ合衆国フォード・モーター社が開発した20mm口径リヴォルヴァーカノン

概要[編集]

第二次世界大戦末、ドイツマウザー社はマウザー MG213Cと呼ばれる機関砲を開発した。これは、まったく新しい作動機構を採用したリヴォルヴァーカノンと呼ばれる機関砲の元祖であった。このマウザー MG213Cをもとに、アメリカスプリングフィールド造兵廠が開発したのがT-160機関砲であり、これにアメリカ空軍が与えた制式名がM39であった。T-160(M39)は、5つの薬室を有していた。

T-160は、少数機のF-86に搭載されて朝鮮戦争に投入され、1953年より実戦環境での運用試験を受けた。M39として制式化されたのち、これはF-86Hの標準兵装として採用されたほか、F-100F-101、そしてF-5A/Bに搭載され、35,500門以上が生産された。

アメリカ空軍においては、1958年に就役したF-104より、新開発のガトリング砲であるM61 バルカンが採用されるようになり、M39は搭載機が退役するのに伴って姿を消していった。ただし、M61よりも稼働部分が少なく整備が容易であるなどの特長から、F-5A/Bの改良型であるF-5E/Fでは改良型のM39A2が採用されており、これらに搭載されたものについては、現在でもアメリカ国外で多数が運用されている。

また、台湾では、M39をT75中国語版としてライセンス生産し、自国のF-5戦闘機に搭載するだけでなく、地上部隊用の低高度防空兵器や、軽車両または三脚に搭載しての地対地射撃に供している。APDS弾を使用した場合、200mの距離でRHA換算で45mmの装甲を貫通する威力を有している。

改良型として、発射速度を2,500発毎分に引き上げたフォード タイガークロー(Ford Tiger Craw)が試作されたことがあるが、こちらは制式採用には至らなかった(F-20に搭載予定であった)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]