李芳雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
李芳雨
各種表記
ハングル 이방우
漢字 李芳雨
発音: イ・パンウ
日本語読み: り・ほうう
テンプレートを表示

李芳雨(り ほうう、イ・パンウ、1354年 - 1393年)は、李氏朝鮮初代国王・太祖李成桂の長男。

賛成使・池淵の娘と結婚、早くから官位につき、礼義判書を務めた。1392年に朝鮮が建国されると鎮安君に冊封された。しかし、田園で隠遁生活を送り、持病により39歳で亡くなった。長男が早世したことで、「第一次王子の乱」「第二次王子の乱」と呼ばれる李成桂の後継者争いが激化した。