汚い戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

汚い戦争(きたないせんそう、スペイン語:Guerra Sucia)とは、1976年から1983年にかけてアルゼンチンを統治した軍事政権によって行われた国家テロである。左派ゲリラの取締を名目として労働組合員、政治活動家学生ジャーナリストなどが逮捕、監禁、拷問され、3万人が死亡または行方不明となった。

歴史[編集]

「汚い戦争」の始まりについてははっきりしない。1975年に共産主義ゲリラの人民革命軍(Ejército Revolucionario del Pueblo)に対してトゥクマン州を舞台に行われたアルゼンチン軍の弾圧が発端であるとする意見もある。ERPはアルゼンチン国内でも特に貧しい山岳地帯であるトゥクマン州を「革命の本拠地」にしようと試み、州の3分の1を支配下においていた。ERPに呼応してモントネーロスも都市部におけるテロを繰り返した。大統領のイサベル・ペロンは「殲滅指令」を布告し「トゥクマン州における破壊分子を殲滅するために軍は全ての必要な手段をとる」よう命じた。軍は独立作戦 (Operativo Independencia) を実行し、特殊部隊を含めた歩兵と空軍を動員してゲリラとの戦闘を開始し、その過程でゲリラの支配下にある町を破壊し住民に危害を加えた。

1975年9月にイザベル・ペロンが病気療養のために一時的に職を離れるとÍtalo Argentino Lúderが大統領代行となった。翌10月にフォルモサ州の歩兵連隊宿舎がモントネーロスに攻撃され(Operation Primicia)、28人の死者が発生した。Lúderは国内治安協議委員会を設立し、トゥクマン州で行われていたゲリラ鎮圧作戦を国内全体に拡大させることを決定した。国内は5つの軍管区さらにその下位地区に分けられ、それぞれの地域の治安を軍の司令官が実質的に掌握した。右派民兵組織であるアルゼンチン反共同盟も加わって軍の弾圧とそれに対するゲリラ攻撃が繰り返された。

1976年3月24日に軍の高官によるクーデターが発生した。陸軍のホルヘ・ラファエル・ビデラ、海軍のエミリオ・エドゥアルド・マッセラ、空軍のオルランド・ラモン・アゴスティが権力を掌握した。彼らは軍事政権を国家再編成プロセス (Proceso de Reorganización Nacional) と名付け、ビデラとその後の軍事政権指導者であるロベルト・ビオラレオポルド・ガルチェリレイナルド・ビニョーネによる各政権によって労働組合員らを中心に学生や活動家数千人が違法逮捕、拷問殺害、強制的に拉致される等、様々な弾圧が行われた。

軍事政権が民衆の支持を獲得する目的で行ったフォークランド戦争は敗北に終わり、政権維持はもはや不可能であることが明らかになった。1983年10月30日に総選挙が行われラウル・アルフォンシンが当選した。

民主化後の裁判[編集]

2005年に同国最高裁判所は、軍政下の犯罪を不問とする恩赦法に違憲判決を下した。これ以降、拉致、拷問、殺害に関与した元軍幹部らに対する有罪判決が相次いでいる。2008年終身刑判決を受けたルシアーノ・ベンハミン・メネンデス元司令官は、「共産主義から国家を守るための戦争に従事した軍司令官を罰するのは間違いだ」と主張した。

2011年12月にビデラは大統領在任中の人権侵害の罪で終身刑の判決を受けた。2012年4月にビニョーネも56人を誘拐、拷問した罪を問われ、禁錮25年の有罪判決を受けた。これに加え両者は2012年7月に、政治犯の囚人から赤ん坊を略取、隠匿した罪によりそれぞれ禁錮50年、禁錮15年の刑が加算されている[1]

資金源[編集]

資金源としてフリーメイソンのロッジであることを隠れ蓑に反共主義を掲げイタリアを中心に活動していた「ロッジP2」による不法な資金調達と(その後これらの不法活動が暴露されフリーメイソンから破門された)、第二次世界大戦下のドイツで行われていた偽ポンド札の偽造計画「ベルンハルト作戦」の関係者で、戦後親ドイツのペロンが政権を握ったアルゼンチンに亡命したドイツ人達による偽造ポンド紙幣が大きな割合いを占めると指摘されている。

アメリカ政府の関与[編集]

アルゼンチンの治安部隊と「死の部隊」は、「コンドル作戦 (Operation Condor)」において、他の南米の軍事独裁国家と協力して行動していた。アメリカ政府は軍事政権に対して軍事物資と資金の援助をおこなっていた。アメリカで公開された政府文書によると、ヘンリー・キッシンジャーは外務大臣に対して、アメリカの議会が支援を停止する前に「内戦」にけりをつけるように求めていた。

カトリック教会への批判[編集]

アルゼンチンにおけるカトリック教会およびその指導者の「汚い戦争」に対する対応を批判する声が存在する。ブラジルやチリにおける軍事政権の弾圧にそれぞれの国のカトリック教会が立ち向かった一方で、アルゼンチンのカトリック教会は軍事政権を支持し、信者に対して「国を愛する」よう求めていた。当時「汚い戦争」に対し異議を唱えた者は「破壊分子」のレッテルを貼られる恐れがあった。軍事政権を批判し殺害された司祭司教がいる一方で、大多数の教会関係者は口を閉ざしたままだった[2][3]

「汚い戦争」の期間中にEnrique AngelelliとCarlos Ponce de Leónの2人の司教と17人の司祭が軍事政権により殺害された[4]

1976年に軍事政権により政治的左派の影響を受けていた2人の司祭が殺害された。2013年2月にくだされた判決において裁判官は、教会組織が司祭の殺害から「目を背けた」と批判した[2]。1976年に殺害された司教Enrique Angelelliに関する裁判では、軍事政権の迫害に教会の同意があったと指摘された。軍事政権の指導者の一人であるホルヘ・ラファエル・ビデラは2012年に、教会の指導者たちは政府による弾圧の共犯者だったと証言した[3]

1976年から1983年にかけて警察署付きの司祭であったChristian von Wernichは囚人の拷問、殺害に直接関わっていた。民主化後1985年に行われた裁判において彼は容疑を否認した。1986年に汚い戦争における犯罪の追求を停止する法律が公布されると彼に対する捜査も打ち切られた。この法律が憲法に違反しているとの判断がくだされた後、2003年9月にWernichに対する逮捕状が出され、チリの町でChristian Gonzálezとの偽名を使い潜伏していたWernichは逮捕された。2007年10月にWernichは7件の殺人、42件の誘拐、32件の拷問の罪で有罪となり終身刑がくだされた。カトリック教会のWernichに対する処分は2010年時点でも行われておらず刑務所の中で囚人に対してミサをおこなっていた[5][6]

2000年にアルゼンチン司教評議会は、軍事政権に対して反対の立場を示さず市民を庇護しなかったことを謝罪する声明を発表した[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ “軍事独裁下で赤ん坊を奪った罪で元大統領に禁錮50年、アルゼンチン”. CNN News (CNN). (2012年7月6日). http://www.cnn.co.jp/world/30007249.html 2012年7月7日閲覧。 
  2. ^ a b c Goni, Uki (2013年3月14日). “Pope Francis: questions remain over his role during Argentina's dictatorship”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/world/2013/mar/14/pope-francis-argentina-military-junta 2013年3月19日閲覧。 
  3. ^ a b c Macintyre, Ben (2013年3月18日). “Pope must clean himself of history's stain”. The Australian. http://www.theaustralian.com.au/news/world/pope-must-clean-himself-of-historys-stain/story-fnb64oi6-1226599298237 2013年3月19日閲覧。 
  4. ^ Gamerro, Carlos (2013年3月15日). “Pope Francis, the Disappeared, and the Questions That Won’t Vanish”. Wall Street Journal. http://blogs.wsj.com/speakeasy/2013/03/15/pope-francis-the-disappeared-and-the-questions-that-wont/ 2013年3月19日閲覧。 
  5. ^ BARRIONUEVO, ALEXEI (2007年9月17日). “Argentine Church Faces ‘Dirty War’ Past”. New York Times. http://www.nytimes.com/2007/09/17/world/americas/17church.html 2013年3月19日閲覧。 
  6. ^ Romero, Simon (2013年3月17日). “Starting a Papacy, Amid Echoes of a ‘Dirty War’”. New York Times. http://www.nytimes.com/2013/03/18/world/americas/francis-begins-reign-as-pope-amid-echoes-of-argentinas-dirty-war.html?pagewanted=all 2013年3月19日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]