プリンケプス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トガ姿のオクタウィアヌス

プリンケプス(プリーンケプス 、ラテン語: Prīnceps)とは、帝政ローマ初期の政治体制の中心人物に対して使われる称号。ラテン語で「指導者」もしくは「第一人者」を指し、日本語では元首第一人者という訳語が使われることが多い。ローマ皇帝の地位を代表して指す称号として使われるため皇帝と意訳されることもある。

事実上ローマ皇帝を指す呼び名であったが、直接この称号は「皇帝」を意味しない。あくまでもレトリック上の呼び名である。事実上の帝政ローマの創設者オクタウィアヌス(アウグストゥス)がこの意味においてははじめて用いた。

以下混乱をさけるため創設者の名を「オクタウィアヌス」で統一する。

歴史[編集]

この称号は正式には「プリーンケプス・セナートゥースPrīnceps Senātūs 、元老院の第一人者の意)」ないし「プリーンケプス・キーウィターティスPrīnceps Cīvitātis 、市民の第一人者の意)」という。

共和政時代から存在した称号・地位で、その時の元老院議員中最も権威をもち影響力を有する人物が就任していた(この共和政のプリンケプスに対しては「元首」の訳語は用いず、「第一人者」が使われることが多い)。第一人者は元老院で行われる議論に際して最初または最後に発言する権利を有しており、最も権威をもった人物の行う最初または最後の発言はその影響力をさらに強める効果をもった。

オクタウィアヌスの義父ガイウス・ユリウス・カエサルの時代に、寡頭政治であった共和政ローマの制度に変わる制度、すなわちより突出した権限を持つ個人を中心とした政治体制の枠組みが既に試みられていた。終身独裁官として就任したカエサルは自らが王ではないことを強調していたものの、強権的かつ独裁的な政治は共和派から専制政治と見なされ、元老院保守派に暗殺される。

その後、オクタウィアヌスは幾多の権力闘争を勝ち抜き、最終的に政治の主導権を握った。彼はカエサルのように独裁的な権限を得ることを望んでいたが、一方で共和政の継続を望む人々が暗殺や内乱を起こす事態を懸念していた。そのため、自分に突出した権限を与えつつ、その権限を元老院や民衆に専制君主制を連想させない穏当な名称にする必要があった。こうした経緯から考えられたのがプリンケプスである。

オクタウィアヌスの築いた独自の地位は複数の職権を合わせることでその権限を構成しているが(後述)、こうして構成された独自の地位を複数の職権の列挙ではなくこのプリンケプスという称号で代表させることが多い。そしてこの地位は、事実上皇帝を意味するようになった(こうした意味合いにおけるプリンケプスは「第一人者」のみならず「元首」とも訳され、さらには「皇帝」と訳されることもある)。

「元首」の地位はウェスパシアヌスにより複数の職権を合わせたものとして確立し、以降ディオクレティアヌスのもとで帝政が大きく変化するまでを「プリンケプスによる統治」としてプリンキパトゥスprīncipātus 、元首政)と呼ぶ。

元首の権力[編集]

オクタウィアヌスの作った「元首」の地位は大きく3つの職権とそれに付随する権威と実力によって構成されている。この地位は養父であるカエサルの終身独裁官ではなく、その政敵であったグナエウス・ポンペイウスが共和政末期に得た地位を参考にしたとされている。

  • 第一は、他の同僚に優先する上級のプロコンスルとしてのインペリウム(命令権)である。この職権により自身の直接担当する属州皇帝属州)の統治だけでなく、元老院属州総督に対しても影響を与えることができた。さらに軍団が配置されている属州はアフリカ属州などを例外として原則として皇帝属州とされたため、実質全ローマの軍団のインペリウムをオクタウィアヌスは保持することとなった。
  • 第二は、古代ローマの最高責任者であるコンスルインペリウムであり、正規のコンスル職はそのままにその職権のみが同僚を持たずに与えられた。この権限により合法的にイタリア全土に支配権を行使することができた。なお、コンスル職は同僚制が原則ではあったものの、すでにポンペイウスが緊急時を名目に単独のコンスルに就任しており前例は存在していた。
  • 第三は、護民官の職権であり、これも同僚を持たず権限のみが与えられた。この職権により広範な拒否権平民会、元老院の開催権そして身体の神聖不可侵を得ることとなった。

以上の3つの権限を同時に帯びることで元首は他の元老院議員を圧倒する権限と権威を有し、さらにそこに挑戦することを許さない軍事力という実力を握ることとなった。とはいうものの、いずれの権限もそれ自体は共和政期に見出せるものであり、共和政尊重を装ったオクタウィアヌスの政治姿勢のもと元首の地位は当時の市民に受け入れられていった。

オクタウィアヌスは皇帝と呼ぶに足るほどの多大な権限を有してはいたが、あくまで形式の上においてはこの称号の元、共和政の指導者として振舞った。そしてこの称号を終生保持し、後継者に受け継がせることによって帝政が続いていった。

プリンケプスとインペラトル[編集]

プリンケプス同様に「皇帝」と訳される語にインペラトルがある。オクタウィアヌスは元老院議員および市民に向けてはプリンケプスの称号を用いたが、同時にインペラトルという異なる称号も帯びていた。このインペラトルは属州に配備されていた軍団の軍団兵に対する称号であり、軍への絶対的な命令権を意味した。オクタウィアヌスは元老院に対し「プリンケプス」として共和政の護持を謳いつつ、同時に「インペラトル」として幾万の軍団兵を服従させ、元老院に無言の圧力も掛けていたといえる。

現代ではプリンケプスはすでに述べたように元首としての地位全体を代表して使われることが多いのに対して、インペラトルはその原義から軍の総司令官という軍事面からとらえられることが多い。

関連項目[編集]