サロナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サロナ遺跡

サロナ(Salona)は、紀元前千年の古代イリュリアの都市である[1]。ローマ人の征服後、サロナはローマ帝国皇帝属州ダルマチアの首都となった。

ローマ皇帝ディオクレティアヌスが退位した時、彼はサロナ近くに記念碑的な宮殿を造営した[2]。この宮殿は、現在のクロアチアスプリト旧市街となっているディオクレティアヌス宮殿として知られている。現在では、サロナはソリン(スプリト近郊)の近くにある。

サロナは、639年のアヴァール人スラブ人の侵略により大規模に破壊された[3]

脚注[編集]

  1. ^ Solin early history
  2. ^ C.Michael Hogan, "Diocletian's Palace", The Megalithic Portal, A. Burnham ed
  3. ^ Charles George Herbermann, The Catholic Encyclopedia: An International Work of Reference (1913)