トレビゾンド帝国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トレビゾンド帝国はアナトリア半島の東北端、黒海の南東に面した国家。図では桃色と白の縦じまで表されている。1265年のバルカン半島及び小アジアを表した地図

トレビゾンド帝国(トレビゾンドていこく、Trebizond, 1204年 - 1461年)は1204年に東ローマ帝国の首都コンスタンティノポリス第4回十字軍によって陥落させられた際に、東ローマ帝国の皇族達が建てた亡命政権の一つ。トレビゾンド(ギリシア名トラペズス、現在のトルコ共和国トラブゾン)を首都とした。

東ローマ皇帝アンドロニコス1世コムネノス(在位:1183年 - 1185年)の孫アレクシオス・コムネノス1204年4月、トレビゾンドを占領して建国。コムネノス王朝1081年 - 1185年)の本流を継ぐものとして、「メガス・コムネノス(大コムネノス家)」と称した。しかし実際は、建国に尽力したグルジア王国の傀儡にすぎなかった。

当初は東ローマ帝国の亡命政権の中では最初にコンスタンティノポリスを奪還する勢いであったが、他の亡命諸侯との連携を欠いたため、同じ亡命政権のニカイア帝国やトルコ人のルーム・セルジューク朝に敗北し、小アジア北東部・ポントス地方の地方政権に転落してしまった。しかし、東ローマ帝国滅亡後の1461年オスマン帝国によって滅ぼされるまで約250年間存続し、史上最後の東ローマ系国家となった。国家としてはあまり強大ではなかったが、東西交易路の途上に位置するその地理的状況はこの国に多くの富をもたらし、また周辺のグルジアアルメニアなどのキリスト教文化圏との交流も盛んであった。外交上は東方のイスラーム諸勢力、特に白羊朝ペルシアと婚姻関係を基にした同盟関係を結ぶなどして独立維持を図っている。

東ローマ世界の飛び地として、この帝国でもギリシャ正教の文化が継続し花開いた。首都トレビゾンドに残る聖ソフィア聖堂、ポントスの山中に創立されたスメラ修道院(現在は廃院)などがその代表的な姿を今に伝えている。

このトレビゾンド帝国の国民の末裔であるギリシャ系の人々は、他のギリシャ人居住地域から切り離されたままオスマン朝の治下でも暮らしを続け、後にポントス人と呼ばれることになる。

歴代皇帝[編集]

参考文献[編集]

英語による著作のうち主なもののみ

  • A.BRYER The Empire of Trebizondand the Pontos London 1980(政治史経済史社会史などの論考を含む論文集)
  • W.MILLER Trebizond ,the last Greek Empire London 1926(政治史
  • A.M.TALBOT Trebizond,(Empire of ) The Oxford Dictionary of Byzantium,vol.3, New York,1991
  • A.A.VASILIEV The fondation of the Empire of Trebizond(1204-1222) Speculum ,11,1936,PP.3-37
  • S.VRYONIS The Decline of Medieval Hellenism in Asia Minor and the Process of Islamization from the Eleventh Through the Fifteenth Century Berkeley 1971 (政治史

ドイツ語・英語版のページにも参考文献が掲載されている。