アルフォンソ9世 (レオン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフォンソ9世

アルフォンソ9世(Alfonso IX, 1171年8月15日 - 1230年9月23/24日)は、レオン(在位:1188年 - 1230年)。レオン王フェルナンド2世の長男で、唯一成人した男子。母はポルトガル王アフォンソ1世の娘ウラカ。

1188年に父フェルナンド2世の死により王位を継承した。同族の従兄であるカスティーリャ王アルフォンソ8世とは対立しており、1195年ムワッヒド朝への敗北に付け込んでカスティーリャ王国を攻めた。間もなく和睦したが、ナバス・デ・トロサの戦いには参戦していない(配下の騎士達は参戦した)。

1217年に元王妃ベレンゲーラの弟エンリケ1世夭折した後、カスティーリャ王位には一時ベレンゲーラがつくが、アルフォンソ9世の許にいた息子フェルナンド3世を呼び寄せて、同年のうちに王位につけた。フェルナンド3世はアルフォンソ9世の死後にレオン王位も継承し、以後カスティーリャとレオンの王位は統合された。

アルフォンソ9世は、1188年にヨーロッパ初とも言えるコルテス(身分制議会)を召集した人物である。また、1218年サラマンカ大学を創設している。

結婚と子女[編集]

ポルトガル王サンシュ1世の娘で従妹に当たるテレサ(Teresa de Portugal, 1181年 - 1250年)と1191年に結婚し、1男2女をもうけたが、この結婚は教皇によって無効とされた。

次いで1197年に、カスティーリャ王アルフォンソ8世の娘ベレンゲーラと結婚した。この結婚では2男3女をもうけており、また夫婦仲も円満であったが、教皇の干渉により離婚を余儀なくされた。