ジョフロワ4世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンジュー伯ジョフロワ4世

ジョフロワ4世(または5世Geoffroy IV / V, 1113年8月24日 - 1151年9月7日)は、中世フランス王国貴族である。アンジュー伯メーヌ伯、モルタン伯、ノルマンディー公。父はアンジュー伯フルク5世エルサレム王フルク・ダンジュー)、母はメーヌ女伯エルマンガルド。長男は後にイングランド国王となるヘンリー2世(アンジュー伯アンリ)である。

生涯[編集]

1128年、父からアンジュー伯領を譲られる。翌年、イングランド国王ヘンリー1世の後継者とされた娘マティルダと結婚し、この際に金獅子の盾紋を義父から下賜される。

1135年にヘンリー1世が死ぬと、マティルダの従兄であるブローニュ伯エティエンヌ・ド・ブロワがロンドンに入ってイングランドを掌握し、イングランド王スティーヴンとなった。イングランドで初めての女王に対する抵抗感とノルマンディー公の代々の宿敵であるアンジュー伯に対する警戒心から、イングランド及びノルマンディーの諸侯はスティーヴンの即位を支持した。

このため、当初は様子をうかがっていたが、やがてスティーヴンの失政が明確になると、マティルダは王位を主張し、庶兄のグロスター伯ロバートら反対派諸侯の支持を得て、イングランドに上陸した。一方、ジョフロワ4世はノルマンディー攻略に専念し、1144年にノルマンディー公を称した。1151年に熱病にかかり、まもなく死亡した。

ジョフロワ4世は「美男公」と呼ばれるほどハンサムで陽気だったという評がある一方、冷酷で身勝手な性格だったとも言われている。妻のマティルダは彼より10歳以上年上だった上、イングランド王女で神聖ローマ皇帝ハインリヒ5世の皇后だったため非常に気位が高く、夫婦仲は険悪であった。

子女[編集]

  1. アンリ(1133年 - 1189年) - イングランド王、ノルマンディー公、アキテーヌ公、アンジュー伯
  2. ジョフロワ(1134年 - 1158年) - アンジュー伯、メーヌ伯、ナント伯
  3. ギヨーム(1136年 - 1164年) - ポワチエ伯
先代:
フルク
メーヌ伯
1126年 – 1151年
次代:
エリアス2世
先代:
フルク5世
アンジュー伯
1129年 - 1151年
次代:
アンリ
先代:
ウスタシュ4世
モルタン伯
1141年 - 1151年
次代:
アンリ