ギヨーム1世 (ブローニュ伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギヨーム1世(Guillaume I, 1137年頃 - 1159年10月11日)は、ブローニュ伯(在位:1153年 - 1159年)およびサリー伯(在位:1148年 - 1159年)。イングランドスティーヴンとブローニュ女伯マティルドの息子。英語名はウィリアム(William)。

1148年にサリー伯ウィリアムの娘で相続人のイザベルと結婚し、サリー伯となった。

ウスタシュ4世はスティーヴン王の王位継承者とされており、またブローニュ伯を母の生前に譲位されていたが、1153年に急死した。そのためギヨームはブローニュ伯を継承した。

イングランド王位を巡っては、当時スティーヴン王とアンジュー伯アンリ(のちのヘンリー2世、ギヨームの又従兄に当たる)の間で争いが続いていたが(無政府時代と呼ばれる)、ウスタシュを喪ったスティーヴンはアンジュー伯と和平協定を結び、自身の死後にアンジュー伯が王位に就くことで合意した。ギヨームは王位請求権を放棄し、見返りに父、本人、妻の権利によるイングランドの所領の保有を認められた。

妻イザベルとの間に子供はなく、1159年に死去した後、ブローニュ伯は姉マリーが継承した。イザベルはヘンリー2世の庶兄ハメリン(Hamelin)と再婚し、ハメリンはサリー伯となった。

先代:
ウスタシュ4世
ブローニュ伯
1153年 - 1159年
次代:
マリー