ジョーン・オブ・イングランド (1210-1238)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョーン・オブ・イングランド(Joan of England, 1210年7月22日 - 1238年3月4日)は、スコットランドアレグザンダー2世の最初の王妃。イングランドジョンと王妃イザベラ・オブ・アングレームの長女。ヘンリー3世、コーンウォール伯リチャードの妹、神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世の皇后イザベラの姉。

1221年ヨークヨーク・ミンスターでアレグザンダー2世と結婚した。

子はなく、1238年にジョーンが死去すると、アレグザンダー2世はフランス貴族の娘マリー・ド・クーシーと再婚し、次代の王アレグザンダー3世をもうけた。アレグザンダー3世の最初の王妃マーガレットはヘンリー3世の娘であり、ジョーンの姪に当たる。