アンボワーズ城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷
フランス
アンボワーズ城
アンボワーズ城
英名 The Loire Valley between Sully-sur-Loire and Chalonnes
仏名 Val de Loire entre Sully-sur-Loire et Chalonnes
登録区分 文化遺産
登録基準 (ⅰ),(ⅱ),(ⅳ)
登録年 2000年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
アンボワーズ城の位置
使用方法表示

アンボワーズ城(Château d'Amboise)は、フランスロワール渓谷アンドル=エ=ロワール県アンボワーズにある城。シャルル7世ルイ11世シャルル8世フランソワ1世ヴァロワ朝の国王が過ごした。フランソワ1世がレオナルド・ダ・ヴィンチを呼び寄せたクロ・リュッセはすぐ近くにある。

歴史[編集]

アンボワーズ城はロワール川を見渡す岬に建てられ、重要な浅瀬を統制した。この場所にはガロ・ローマンの時代から砦が築かれていたという。この役割は中世には橋に取って代わられた。11世紀に城が築かれた際には、悪名高いアンジュー伯フルク3世が要塞を石で再建した。

城は、時と共に拡張と改修を重ねていった。1431年、当時の城主ルイ・ダンボワーズが王太子ルイ(後のルイ11世)に対する陰謀の容疑で有罪判決を受けて処刑されると、1434年9月4日シャルル7世が城を差し押さえた。

いったん王家の手に渡ると、アンボワーズは歴代フランス王に愛されるようになった。シャルルは城の大改修を思い立ち、まず1492年にフレンチ・ゴシック後期の初めのフランボワイアン様式で、次いで1495年、2人のイタリア人建築家、ドメニコ・ダ・コルトナとフラ・ジョコンドを雇い入れた。彼らはメイソン(中世の熟練石工組合員)であり、フランス建築では最初のルネサンスの装飾モチーフを、アンボワーズに取り入れた。フランス人建築家3人の名前(コリン・ビアール、ギョーム・セノール、ルイ・アルマンガー)が記録に残されている。

アンボワーズ城とサン・ユベール教会堂

アンボワーズ城の庭には、フランスで初めてイタリア風レイアウトが採用された。これがフランス式庭園(幾何学的構成の庭園)の始まりである。シャルル8世[1]の時代、イタリア人聖職者パセロ・ダ・メルゴグリアーノが庭の設計をしたことが記録されている。シャルルは上のテラスを広げて庭園を大きくし、格子とあずまやで囲んだ。ルイ12世はその周りにギャラリーを設けた。アンドルーエ・ド・サーソは、1576年出版の自著「フランスで最も優れた建築(Les plus excellens bastimens de France)」でギャラリーに触れている。20世紀になってから再現されたパルテア(装飾花壇)は、四角い芝生の周りに砂利と成形された立ち木が配置されたものである。

フランソワ1世は母ルイーズ・ド・サヴォワの城アンボワーズで育っており、彼が即位して数年の間、アンボワーズ城は栄光の頂点にあった。

サン・ユベール教会堂にあるダ・ヴィンチの墓

1515年12月、王の客としてレオナルド・ダ・ヴィンチがアンボワーズ城に招かれ、近くのクロ・リュッセで生活していた。城とクロ・リュッセは地下道でつながっている。ダ・ヴィンチが埋葬されたサン・ユベール教会堂は城に隣接しており、1491年から1496年の間に建てられた。[2]

アンリ2世と王妃カトリーヌ・ド・メディシスは自分たちの子供と一緒に、後のフランソワ2世の婚約者でスコットランド女王のメアリー・ステュアートをアンボワーズ城で育てた。

アンボワーズの陰謀[編集]

ユグノー戦争中の1560年ブルボン家の面々によってギーズ公フランソワへの陰謀が企てられた。当時ギーズ公は幼いフランソワ2世の名の下、実質的にフランスを支配していた。しかし事前にギーズ公に察知されて計画は失敗に終わり、多くのユグノーに処せられた絞首刑が終了するまで1ヶ月を要した。事態の収拾までには1200人のプロテスタント絞首刑に処せられ、城壁や祝事の際に旗やタペストリーをかける鉄のフックやアンボワーズ城のバルコニー(Logis du Roy)に吊るされた。宮廷は死臭のために、すぐに街を出て行くことになった。

1563年3月12日カトリーヌ・ド・メディシスは、王と自分を誘拐する陰謀に関わったとされたコンデ公ルイ1世との間で「アンボワーズの休戦協定」に署名したが、うまくいかなかった。「アンボワーズの勅令」はプロテスタントに、街の城壁の外なら領主と裁判官の教会においてのみ信仰を認める、というものだった。どちらの側もこの妥協に満足できず、この勅令が尊重されることはあまりなかった。

アンボワーズの凋落[編集]

アンボワーズに王宮が戻ることは二度となかった。17世紀初めに巨大な城はルイ13世の弟オルレアン公ガストンの手に渡ったが、ほとんど放置されていた上、ガストンの死後城は王家の資産に戻された。フロンドの乱の際には刑務所に転用され、ルイ14世の時代には失脚した大臣ニコラ・フーケとローザン公アントワーヌ・ド・コーモンもここに拘留された。ルイ15世の時代に移ると大臣のショワズール公エティエンヌ・フランソワ・ド・ショワズールがルイ15世からアンボワーズ城を与えられた。

フランス革命期には城のかなりの部分が取り壊されたが、[3]後世の破壊はそれを上回った。1800年代の初めに皇帝ナポレオンが委任した技術者の下した結論は城の大部分を取り壊すというものだった。

ルイ・フィリップ王の統治時代に城の修復が始められたが、1848年に退位すると城は政府に没収されて、亡命中のアブド・アル・カディールが1848年から1853年まで滞在していた。1873年、ルイ・フィリップの相続人に資産管理が委ねられ大規模な修復が行われた。しかし1940年のナチス・ドイツ侵略により、城はさらなる被害を受けた。

現在、ルイ・フィリップの子孫パリ伯がサン・ルイ教会を通して城を管理している。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。


脚注[編集]

  1. ^ シャルル8世1498年、低い戸口にうっかり頭をぶつけ、それが元でこの城で亡くなった。
  2. ^ 記録によれば、レオナルド・ダ・ヴィンチが埋葬された教会は、アンボワーズ城の中にあるサン・フロランタン教会堂であるという。ナポレオンの時代、教会は壊滅的な状態にあった。フランス革命期に荒廃したサン・フロランタンを、ナポレオンが委託した技術者は保存の価値なしと判断して解体、石造部分は城の補修に使用された。約60年後にサン・フロランタンの跡地が発掘されると、骸骨1体と、ダ・ヴィンチの名の一部が刻まれた石が見つかった。これが現在サン・ユベールの教会堂に保存されている骸骨である。
  3. ^ 観光客が目にする現在のアンボワーズ城は、かつての規模の5分の1ほどである。城のパラピット(胸壁)を歩くと昔の面影を偲ぶことができる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg フランスの世界遺産
World Heritage Sites in France

文化遺産
モン=サン=ミシェルとその湾 | シャルトル大聖堂 | ヴェルサイユの宮殿と庭園 | ヴェズレーの教会と丘 | ヴェゼール渓谷の先史的景観と装飾洞窟群 | フォンテーヌブローの宮殿と庭園 | アミアン大聖堂 | オランジュのローマ劇場とその周辺及び「凱旋門」 | アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群 | フォントネーのシトー会修道院 | サラン=レ=バンの大製塩所からアル=ケ=スナンの王立製塩所までの煎熬塩の生産 | ナンシーのスタニスラス広場、カリエール広場、アリアンス広場 | サン=サヴァン・シュル・ガルタンプ修道院付属教会 | ポン・デュ・ガール(ローマの水道橋) | ストラスブールのグラン・ディル | パリのセーヌ河岸 | ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿 | ブールジュ大聖堂 | アヴィニョン歴史地区:教皇宮殿、大司教座の建造物群およびアヴィニョン橋 | ミディ運河 | 歴史的城塞都市カルカソンヌ | フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路 | ベルギーとフランスの鐘楼群(ベルギーにまたがる) | リヨン歴史地区 | サン=テミリオン地域 | シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷 | 中世市場都市プロヴァン | オーギュスト・ペレによって再建された都市ル・アーヴル | 月の港ボルドー | ヴォーバンの防衛施設群 | アルビの司教都市 | コースセヴェンヌ、地中海の農耕・牧畜の文化的景観 | アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群(ほか5か国と共有) | ノール=パ・ド・カレーの鉱業盆地
自然遺産
ピアナのカランケ、ジロラータ湾、スカンドーラ自然保護区を含むポルト湾 | ニューカレドニアのラグーン:サンゴ礁の多様性と関連する生態系 | レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群
複合遺産
ピレネー山脈のモン・ペルデュ(スペインにまたがる)
世界遺産 | ヨーロッパの世界遺産 | フランスの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、フランスの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。

座標: 北緯47度24分47秒 東経0度59分09秒 / 北緯47.41306度 東経0.98583度 / 47.41306; 0.98583