ヴォージュ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴォージュ県
Vosges
Vosgesの紋章
ヴォージュ県の紋章
位置
Vosgesの位置
概要
県番号 88
地域圏 ロレーヌ
県庁所在地 エピナル
郡庁所在地 ヌフシャトー
サン=ディエ=デ=ヴォージュ
3
小郡 31
コミューン 515
知事 クリスチャン・ポンスレ
国民運動連合
統計
人口
国内60位
  (2010年)
379,724人
人口密度 65人/km2
面積¹ 5,874 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

ヴォージュ県 (Vosges) は、フランス北東部、ロレーヌ地域圏の県。県面積の大部分を占めるヴォージュ山脈に由来する名称である。

歴史[編集]

1790年より以前の州で色分けされたヴォージュ県の図 :
  3司教領
  ザルム=ザルム公領

かつてのロレーヌ州の南部、いくつかのシャンパーニュコミューンフランシュ=コンテのコミューンを合わせて、1790年3月4日にヴォージュ県として新設された。神聖ローマ帝国に属するザルム=ザルム公領(fr)がロレーヌ内に飛び地となって残っていた。1792年には革命軍がザルム=ザルム公領を包囲したため食料の供給が断たれた。この併合は、1793年3月2日の国民公会によって批准されている。1795年、アルザスに属していたシールメック一帯がバ=ラン県にからヴォージュ県に移った。

1871年、普仏戦争後のフランクフルト講和条約によって、ヴォージュ県の18のコミューン、シールメック小郡とサール小郡の半分(人口は合わせて約21000人、面積19415ha)がドイツ帝国に併合された。1919年のベルサイユ条約の際、奪われた領土はフランスに返還されたが、バ=ラン県に含まれることになった。

地理[編集]

ビュサン峠

ヴォージュ県はムーズ県ムルト=エ=モゼル県バ=ラン県オー=ラン県テリトワール・ド・ベルフォールオート=ソーヌ県オート=マルヌ県と接している。県は4つの河川の流域にまたがっている。ライン川モーゼル川、ヴォロニュ川、ムルト川である。

県はその名前と一致しないが、山脈の一部である。我々はエピナルの両側が異なっていることの区別ができる。県西部は丘陵地で森林で覆われている。東部は時に花崗岩質と砂岩で、標高が高くなり、針葉樹林で覆われている。県の植林率は47%で、ギュイヤンヌ・フランセーズランド県ヴァール県に次いで国内第4位である[1]

人口統計[編集]

人口の増減
1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2007年 2009年 2010年 2013年
380 676 388 201 397 957 395 769 386 258 380 952 379 975 383 304 380 192 379 724 392 240
Nombre retenu à partir de 1968 : 人口の2倍カウントなし

主なコミューン[編集]

以下に人口5000人以上のコミューンの人口の変遷を記す。

コミューン 人口
2007
変遷
2007/1999
コミューン 人口
2007
変遷
2007/1999
エピナル 33,528[B 1] 減少  -6,3 % ヌフシャトー 7,056[B 2] 減少  -6,3 %
サン=ディエ=デ=ヴォージュ 21,881[B 3] 減少  -3,1 % ラン=レタプ 6,710[B 4] ==  -0,5 %
ジェラールメ 8,738[B 5] ==  -1 % ミルクール 5,956[B 6] 減少  -6,7 %
ゴルベ 8,220[B 7] 増加  3,7 % ランベルヴィレール 5,669[B 8] 減少  -5,7 %
ルミルモン 8,104[B 9] 減少  -5,1 % ヴィッテル 5,586[B 10] 減少  -9,5 %
タン=レ=ヴォージュ 8,041[B 11] 増加  3,1 %
Source : Insee[2]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  • INSEEに掲載された2007年1月1日時点の人口
  1. ^ Épinal
  2. ^ Neufchâteau
  3. ^ Saint-Dié-des-Vosges
  4. ^ Raon-l'Étape
  5. ^ Gérardmer
  6. ^ Mirecourt
  7. ^ Golbey
  8. ^ Rambervillers
  9. ^ Remiremont
  10. ^ Vittel
  11. ^ Thaon-les-Vosges