エーヌ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エーヌ県
Aisne
Aisneの紋章
エーヌ県の紋章
位置
Aisneの位置
概要
県番号 02
地域圏 ピカルディ
県庁所在地 ラン
郡庁所在地 シャトー=ティエリ
サン=カンタン
ソワソン
ヴェルヴァン
5
小郡 42
コミューン 816
知事 イヴ・ドーディニー
フランス社会党
統計
人口
国内46位
  (2011年)
541,302人
人口密度 73人/km2
面積¹ 7,369 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

エーヌ県le département de l'Aisne)は、フランスのピカルディ地域圏の県である。名前は、県央を東西に貫流するエーヌ川la rivière de l'Aisne、古代ラテン語名アクソナ川 Axona flumen)に由来する。

地理[編集]

県はノール県ソンム県オワーズ県セーヌ=エ=マルヌ県アルデンヌ県、そしてベルギーと接している。

2003年の国勢調査によると、県の森林面積は123,392ヘクタールで、県面積の16.6%である(フランス・メトロポリテーヌの平均は27.4%)[1]

主要河川はエーヌ川のほか、スヘルデ川マルヌ川、ウルク川、ヴェール川、ソンム川オワーズ川、セール川がある。県には多くの運河が交差している。

歴史[編集]

1790年以前の旧州で色分けされたエーヌ県。シャンパーニュ、イル=ド=フランス、ピカルディー

1790年、新設された83県とともに誕生した。州の分割と編成を、ルイ16世はジャン・シャルル・ド・サールに委託した(彼は1800年にラン市長となる)。県は地理的、歴史的、政策的にも異質である。地図を参照すると明らかなように、旧ピカルディー州、旧イル=ド=フランス、旧シャンパーニュからなる。

人口統計[編集]

エーヌ県は中規模都市1つ(サン=カンタン)、3つの小規模都市(ソワソン、ラン、シャトー=ティエリ)に、ショーニーとテルニエが付け足される。

県は19世紀半ばに農村からの人口流出で県人口の一部を減少させた。しかし、北部の県で起きた産業の発展で減少が鈍化した。県は第一次世界大戦にひどく影響を受け、その後1900年当時の人口を回復させる程度の増加を見た。1960年代からの30年間、産業の衰退による人口の減少が起きた。県西部だけが、パリ都市圏に近いため、現在も人口増加を続けている。

人口の増減
1801年 1831年 1841年 1851年 1856年 1861年 1866年
425.981 513.000 542.213 558.989 555.539 564.597 565.025
1872年 1876年 1881年 1886年 1891年 1896年 1901年
552.439 560.427 556.891 555.925 545.493 541.513 535.583
1906年 1911年 1921年 1926年 1931年 1936年 1946年
534.495 530.226 421.515 489.022 489.368 484.647 453.411
1954年 1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年
487.068 512.920 526.346 533.862 533.970 537.259 535.489
2010年
540.508

参照:SPLAF[2] et INSEE pour les années 2006[3] et 2007[4]

主なコミューン[編集]

コミューン 人口
2007
変遷
2007/1999
コミューン 人口
2007
変遷
2007/1999
サン=カンタン 56,471[B 1] 減少  -4,4 % ヴィレール=コトレ 10,090[B 2] 増加  2,6 %
ソワソン 28,471[B 3] 減少  -3,3 % イルソン 9,473[B 4] 減少  -8,3 %
ラン (フランス) 26,463[B 5] ==  0,8 % ボアン・ヴェルマンドワ 6,212[B 6] 減少  -5,8 %
シャトー=ティエリ 14,794[B 7] ==  -1,1 % ゴーシー 5,678[B 8] ==  1,3 %
テルニエ 14,722[B 9] 減少  -2,5 % ギーズ 5,489[B 10] 減少  -6,9 %
ショーニー 12,517[B 11] ==  0 %
Source : Insee[5]

政治[編集]

パリやイル=ド=フランスで働く世帯が住居をかまえているため、農村と都市労働者が混ざり合い、エーヌは長い間左翼志向の県だった。県一般理事会は1998年から左翼が過半数をしめており、県選出の国会議員も同様である。

文化[編集]

北部ではピカルディ語、南部ではシャンパーニュ語、イル=ド=フランスおよび県中央部・南部ではフランス語が話される。この言語の失敗が困難を物語っている。エーヌ県南部の住民は自らがピカルディ地域圏に属しているのだと認識するからである。

脚注[編集]

  • 2007年1月1日にINSEEが公表したコミューン人口
  1. ^ Saint-Quentin
  2. ^ Villers-Cotterêts
  3. ^ Soissons
  4. ^ Hirson
  5. ^ Laon
  6. ^ Bohain-en-Vermandois
  7. ^ Château-Thierry
  8. ^ Gauchy
  9. ^ Tergnier
  10. ^ Guise
  11. ^ Chauny