ペネスタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pénestin
Blason ville fr Pénestin (Morbihan).svg
France penestin loscolo.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルターニュ地域圏Blason region fr Bretagne.svg
(département) モルビアン県Blason département fr Morbihan.svg
(arrondissement) ヴァンヌ郡
小郡 (canton) ラ・ロッシュ=ベルナール小郡
INSEEコード 56155
郵便番号 56760
市長任期 ジャン=クロード・ボードレ
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération Cap Atlantique
人口動態
人口 1 865人
2011年
人口密度 86人/km²
住民の呼称 Pénestinois
地理
座標 北緯47度29分01秒 西経2度28分24秒 / 北緯47.4836111111度 西経2.47333333333度 / 47.4836111111; -2.47333333333座標: 北緯47度29分01秒 西経2度28分24秒 / 北緯47.4836111111度 西経2.47333333333度 / 47.4836111111; -2.47333333333
標高 平均:20m
最低:0m
最高:38 m
面積 21.69km²
Pénestinの位置
Pénestin
公式サイト [1]
テンプレートを表示

ペネスタンPénestin)は、フランスブルターニュ地域圏モルビアン県コミューン

地理[編集]

農地が、北のヴィレーヌ川河口と南のポン・マエ湾とに挟まれた岬にある。コミューンはゲランド半島の一部である。25kmの海岸線を持つ、モルビアン県最南端のコミューンである。ペネスタンの地理的条件とサービスの品質の良さから、レンヌ都市圏およびナント都市圏とのアクセスが容易である。

ペネスタンは都市計画の紛争が多いことでも有名である。したがって、ほとんどの沿岸のコミューン同様、住宅建設には強い圧力を受ける。ペネスタンにある住宅の2/3が別荘である[1]。新しい地元の都市計画は、沿岸の法を遵守しないために2008年12月に撤回された[2]

歴史[編集]

アセラック教区の古い小教区であったペネスタンは、1767年に教区となった。フランス革命までアセラックの封建領地はかつてゲランドのセネシャル管轄下にあった。コミューンとなったのは1790年である。

当時ナント司教座に属していたペネスタンは、カモエルやフェレルとともにモルビアン県に含まれることになった。

言語[編集]

1806年、フランス語、ブルトン語の言語境界線を定義するためナポレオンに任命されたシャルル・コケベール・ド・モンブレが調査を行った際、ペネスタンはブルトン語を話し、対して近郊のエルビニャックはフランス語を話していた。1843年のオジェ辞典によれば、ペネスタンはフランス語のコミューンであった。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2011年
1031 1078 1192 1299 1394 1527 1777 1865

参照元:1999年までEHESS[3]、2004年以降INSEE[4][5]

ゆかりの人物[編集]

脚注[編集]