エロー川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エロー川
Gorges de l’Hérault.jpg
エロー渓谷
延長 160[1] km
水源の標高 1370 m
平均流量 43.7 /s
流域面積 2550 km²
水源 セヴェンヌ山脈、モン・エグアル
河口・合流先 地中海アグド
流域 フランスの旗 フランス
テンプレートを表示

エロー川 (Hérault、オック語:Erau)は、フランスの川。エロー県ガール県を流れ、地中海へ注ぐ。

セヴェンヌ山脈のモン・エグアルに源を発し、ガール県を横切り、エロー県を北から南に縦断する。セランヌ山地を通過するところでエロー渓谷を形成する。

流域の主なコミューン[編集]

水理学[編集]

いくつかの誤解に反して、エロー川の水量は豊富である。毎年1.3億トン以上の量が流れ、わずか2550平方kmの流域面積で43,7 m3/sの流量がある。雨が多いと評判のオワーズ川流域が年1平方mあたり240リットルの流量であるのに対して、エロー川は年1平方mあたり543リットルの流量がある。問題は、川の流れが不規則であることである。しばしばエグアル山地の秋に起きる鉄砲水(1秒あたり1500立方m)と関連する。急な流れを規制するため、クレルモン=レローにある支流サラグー川の治水を行うサラグー・ダム、ヴァイランにある支流ペーヌ川の治水を行うオリヴェット・ダムが建設されている。

エローの流れは、地中海に注ぐ河口地点のアグドで観察されている[2]

エロー川の比較的大きな流量は季節によって大きく変動し、冬と春(10月から3月を含む)の洪水では58,5m3/sから67,4 m3/sの間となる。6月から9月までの夏季は比較的流量が少なく、8月には7,5 m3のレベルまで月平均流量が減少する。

脚注[編集]

  1. ^ SANDRE, « Fiche fleuve l'hérault (Y2--0200) ». Consulté le 18 octobre 2008.
  2. ^ Banque Hydro - Station Y2372010 - L'Hérault à Agde (Synthèse) (ne pas cocher la case "Station en service")