エリザベート・ギグー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリザベート・ギグー

エリザベート・ギグーÉlisabeth Guigou1946年8月6日 - )は、フランス政治家フランス社会党所属。モロッコマラケシュ出身。

フランス国立行政学院(ENA)を卒業。1982年ジャック・ドロールの事務所勤務を経て、フランソワ・ミッテラン時代に大統領府事務局長を務めたユベール・ヴェドリーヌの下で働く。1986年第一次コアビタシオン期には、欧州経済問題閣僚会議事務局長に任命された。

1990年欧州問題担当相に就任する。1994年には欧州議会議員に当選する。1997年ヴォクリューズ県から下院国民議会議員に選出される。選挙後、成立したリオネル・ジョスパン内閣で法相として入閣し、2000年には社会相に就任する。アヴィニョン市長に当選するが、かえって地盤の侵食を招き、2002年の国民議会選挙では、パリ東郊セーヌ=サン=ドニ県から立候補した。

2005年欧州憲法批准をめぐっては批准賛成の立場を取った。2008年よりノワジー=ル=セック市副市長。

夫のジャン・ルイ・ギグーは、ミシェル・ロカール元首相の顧問で、経済学者である。ギグー夫妻には二人の子供がいる。