エトヴェシュ・ロラーンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にロラーンド・エトヴェシュと表記することもあります。
ヴァーシャーロシュナメーニ男爵エトヴェシュ・ロラーンド
人物情報
生誕 1848年7月27日
ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国 ブダ
死没 1919年4月8日
ハンガリー民主共和国の旗 ハンガリー民主共和国 ブダペスト
学問
研究分野 物理学
主な業績 重力質量慣性質量等価性を証明
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

エトヴェシュ・ロラーンド(Eötvös Loránd [ˈøtvøʃˌlorɑ̈ːnd], 1848年7月27日 - 1919年4月8日)はハンガリー物理学者である。正式には、ヴァーシャーロシュナメーニ男爵エトヴェシュ・ロラーンド(Vásárosnaményi báró Eötvös Loránd)。日本では姓をエートヴェシュエトベシュエトベスと表記したり、名をローランドと表記しているのも見掛けるが、これはハンガリー人の氏名を英語やドイツ語風に発音した誤読である。

重力質量慣性質量等価性を示したエトヴェシュの実験で知られる。1890年重力偏差計を発明した。移動体上で重力測定すると、みかけの重力加速度が静止時と異なる現象はエトヴェシュ効果(エトベス効果)と呼ばれる。気泡に働く浮力と表面張力の比をしめす無次元数エトヴェシュ数(エトヴェス数)も、エトヴェシュの名に因んでいる。現存する大学の中ではハンガリーで最も古い国立ブダペスト大学(旧王立ハンガリー・パーズマニュ・ペーテル大学)は1950年9月15日にエトヴェシュを記念してエトヴェシュ・ロラーンド大学 (Eötvös Loránd Tudományegyetem) と改名された。

詩人で、自由主義的な政治家、エトヴェシュ・ヨージェフの息子に生まれた。 ハイデルベルク大学などで学んだ後、ブダペスト大学の教授となり、さらにハンガリーの教育大臣となって半世紀にわたってハンガリーの学術を指導した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]