ジョン・ハーサニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ハーサニ
生誕 1920年5月29日
ハンガリー, ブダペスト
死没 2000年8月9日(80歳)
カリフォルニア州, バークレイ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 カリフォルニア大学バークレー校
ウェイン州立大学
オーストラリア国立大学
研究分野 ゲームの理論
母校 リヨン大学
ブダペスト大学(現在のエトヴェシュ・ロラーンド大学)
シドニー大学
スタンフォード大学
影響を
受けた人物
ケネス・アロー
実績 ベイジアン・ゲーム
功利主義
平衡選択
受賞

アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞 (1994)
First prize in Eötvös mathematics competition

ジョン・フォン・ノーマン賞
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1994年
受賞部門:アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞
受賞理由:非協力ゲームの均衡の分析に関する理論の開拓を称えて

ジョン・チャールズ・ハーサニJohn Charles Harsanyi, 1920年5月29日 - 2000年8月9日)はハンガリーブダペスト出身のゲーム理論の学者。ハンガリー名はハルシャーニ・ヤーノシュ・カーロイHarsányi János Károly)。

略歴[編集]

業績[編集]

  • 彼は、ゲーム理論と経済学の応用が有名である。とくにべージアン・ゲームと呼ばれる不完全な情報のゲームの革新的分析の開発のために知られている。
  • ゲーム理論、とくに(ビジネス、経営、国際関係で現実の紛争を分析するための優位な道具になる)競争的状況の人間行動の数学理論で業績をあげた。

出版[編集]

  • "Cardinal Utility in Welfare Economics and in the Theory of Risk-Taking", Journal of Political Economy (1953)
  • "Cardinal Welfare, Individualistic Ethics and Interpersonal Comparisons of Utility", Journal of Political Economy (1955)
  • "Bargaining in Ignorance of the Opponent's Utility Function", Journal of Conflict Resolution (1962)
  • "Games with Incomplete Information Played by "Bayesian" Players, I-III. Part I. The Basic Model", Management Science, Vol. 14, No. 3, Theory Series (1967)
  • Essays on Ethics, Social Behavior, and Scientific Explanation, Dordrecht, Holland: Reidel Publishing Company (1976)
  • Rational Behavior and Bargaining Equilibrium in Games and Social Situations, Cambridge, United Kingdom: Cambridge University Press (1977)
  • Papers in Game Theory, Dordrecht, Holland: Reidel Publishing Company (1982)
  • A General Theory of Equilibrium Selection in Games (with Reinhard Selten), Cambridge, MA: MIT-Press. (1988)


外部リンク[編集]