オーエン・リチャードソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーエン・リチャードソン
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1928年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:熱電子の研究およびリチャードソン効果の発見

オーエン・リチャードソンOwen Willans Richardson1879年4月26日 - 1959年2月15日)はイギリスの物理学者である。1928年熱電子現象の研究によりノーベル物理学賞を受賞している。

ヨークシャーデューズベリー生まれ。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで学び、1906年から1913年までプリンストン大学の教授を務めた。その後イギリスに戻り、1914年から1944年までキングス・カレッジ・ロンドンの教授を務めた。

リチャードソン=ダッシュマンの式[編集]

リチャードソン=ダッシュマンの式は金属の熱電子放出による電流密度 J (A/m2)が温度の関数であることを示すもので

J = A T^2 e^{-W \over k T}

ここで Tは 金属の温度 W仕事関数kボルツマン定数でありAリチャードソン定数である。

A = {4 \pi m k^2 e \over h^3} = 1.20173 \times 10^6 {A \over m^2 K^2}

meは電子の質量と素電荷hプランク定数である。