ジャン・ペラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン・ペラン
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1926年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:物質の不連続的構造に関する研究、特に沈殿平衡についての発見

ジャン・バティスト・ペランJean Baptiste Perrin, 1870年9月30日 - 1942年4月17日)はフランス物理学者。息子のフランシス・ペランも物理学者。物質が分子からできていることを実験的に証明した。1926年、ノーベル物理学賞を受賞した。

ノール県リールに生まれて、パリ高等師範学校で学んだ。パリ大学で物理学の講師となり、1910年から1930年まで高等師範学校の教授を務めた。

1890年代は陰極線の研究を行った。1901年には原子核のまわりを電子が回っているという、現在に連なる原子模型を最初に発表しているが、この当時は注目されなかった。1908年から、ブラウン運動に関する精密な実験を行い、分子理論を実証した。1913年著書『原子』を出版した。

1936年にレオン・ブルム内閣の科学研究担当国務次官になった。ドイツのフランス占領中はアメリカ合衆国へ逃れ、ニューヨークで没した。遺体は第二次世界大戦後の1948年軽巡洋艦ジャンヌ・ダルクによってフランスへ移送され、パンテオンに埋葬された。

小惑星(8116)ジャン・ぺランは彼にちなみ命名された。

外部リンク[編集]