横井庄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
横井 庄一
よこい しょういち
1915年3月31日 - 1997年9月22日
Shouichi yokoi.jpg
生誕 愛知県海部郡佐織村(現在の愛西市
軍歴 1935年 - 1939年 第一補充兵役
1942年 - 1972年 再召集
最終階級 陸軍軍曹[注 1]
除隊後 評論家
テンプレートを表示

横井 庄一(よこい しょういち、1915年3月31日 - 1997年9月22日)は、日本陸軍軍人評論家最終階級陸軍軍曹栄典勲七等青色桐葉章

太平洋戦争大東亜戦争)終結から28年目、アメリカグアム島で地元の猟師に発見された残留日本兵として知られる。

来歴[編集]

1915年(大正4年)、愛知県海部郡佐織村(現愛西市)にて、父:山田庄七と母:つるの間に長男として生まれるが、両親が3年後に離婚し、姓が母の旧姓大鹿になる。生後3ヶ月から小学校5年生まで母親の里(海部郡神守村、現津島市)で大鹿庄一として育てられた。1926年(大正15年)、つるが再婚し横井姓となる。卒業後は約5年間、愛知県豊橋市の洋品店に勤務。1935年(昭和10年)、満20歳のため徴兵検査を受け第一補充兵役(補充兵)編入。のちに召集され帝国陸軍に入営、4年間の軍務の後に洋服の仕立て屋を開く。

1941年(昭和16年)には再召集され、満州を経て1944年(昭和19年)からはグアム島の歩兵第38連隊陸軍伍長として配属。同年7月にはアメリカ軍が上陸し(グアムの戦い)、8月に同島で戦死したとされ戦死公報が届けられた。1965年(昭和40年)10月30日の第19回戦没者叙勲では、戦没者として、戦前受けていた勲八等から勲七等青色桐葉章への昇叙者として官報掲載されている。

当時、グアム守備隊壊滅後も生き残った一部の将兵は山中に撤退しゲリラ戦を行っていたが、1945年(昭和20年)のポツダム宣言受諾によって日本軍の無条件降伏が発令されたことは知らされなかった。横井らはジャングルや竹藪に自ら作った地下壕などで生活、グアム派遣から約28年後の1972年(昭和47年)1月24日エビウナギをとるためにウケをしかけに行ったところ、現地の行方不明者を捜す村人たちに遭遇、同年2月2日に満57歳で日本に帰還した(なお、撤退当初から横井には2人の戦友が居たが、発見の約8年前に死亡している)。

軍事教育を受け育った横井は「生きて本土へは戻らぬ決意」で出かけた記憶がしっかりとあったため、帰国の際、羽田空港で空港に出迎えに来た、斉藤厚生大臣に「何かのお役に立つと思って恥をしのんで帰ってまいりました」と伝えたと言う。またその後の記者会見では「恥ずかしながら生きながらえておりましたけど。」と発言した。これらの言葉をとらえて「恥ずかしながら帰って参りました」がその年の流行語となった。同年2月2日14時から60分間にわたりNHKで放送された報道特別番組『横井庄一さん帰る』は、41.2%(ビデオリサーチ・関東地区調べ)の視聴率を記録した[1]

帰国後は、愛知県名古屋市中川区富田町に居住した。戦後の日本の変化に適応できるかどうかが心配されたが、驚くほど素直に戦後の日本に馴染んだ(例えば終戦直後のインフレにより、戦前とは貨幣価値が全く違ったが、そもそもジャングル生活で貨幣とは長年縁が無かったため違和感は無かったという)。その年に幡新美保子と結婚した後は、自身のグアムでのサバイバルについて耐乏生活評論家、あるいは生活評論家として全国各地で講演。当時の石油ショックに伴い、節約生活について自らの経験を語ったり、「日本沈没」等のブームに関連して災害時のサバイバルについて雑誌等でインタビューを受けた。1974年7月、第10回参議院議員通常選挙(全国区)にも無所属で立候補したが落選。この後、マスコミの扱いも次第に終息し横井の生活は落ち着いたが、ヘルニアや胃がんなどの病気がちとなり、満82歳で心臓発作を起こし死去した。

椅子に座るときに「よっこいしょういち」というギャグも彼の名前からきている。

著書[編集]

  • 『明日への道 全報告グアム島孤独の28年』(文藝春秋、1974年)
  • 『無事がいちばん 不景気なんかこわくない』(中央公論社、1983年)
  • 『横井庄一のサバイバル極意書/もっと困れ!』(小学館、1984年)ISBN 4-09-366301-7

記念館[編集]

横井庄一記念館(よこいしょういちきねんかん)は、日本の名古屋市中川区にある私営の記念館である。横井庄一を記念し、自宅の一部を日曜日にのみ公開している。

横井の没後、2003年(平成15年)頃、横井家と名古屋市との間において、横井庄一記念館の建設計画が進み、2004年(平成16年)10月の開館を目標としていたが、2004年2月に、記念館老朽化後の管理が難しいとの名古屋市の判断からこの計画は白紙となった。その後、妻の私営という形で名古屋市中川区の自宅を改装して記念館とし、2006年(平成18年)6月24日に開館した。展示の中心は、横井が竹藪に掘って住んでいた穴を、横井夫妻の知人の美術教諭が紙や竹などで再現した模型である。横井が帰国後に復元した、パゴ(ハイビスカス)の木の繊維を織る機織り機や、魚を捕るかご、ココナッツの実で作った椀なども展示されている。

  • 所在地 : 名古屋市中川区冨田町千音寺稲屋4175 [2]
  • 館長 : 横井美保子
  • 開館日 : 毎週日曜日
  • 開館時間 : 10:00 - 16:30
  • 入館料 : 無料

脚注[編集]

  1. ^ 書籍などで伍長ともされているが、『昭和四十六年度の厚生行政年次報告(厚生白書)』の概要を掲載した昭和48年1月17日付け官報資料版10ページ3段目には「元陸軍軍曹横井庄一氏」とあり、横井の未発見時に発行された戦没者名簿でも「横井庄一軍曹」となっている。また、本項の肖像写真は戦死公報が横井家に届く前に戦地から送られたものであるが、襟章は一つ星の伍長ではなく二つ星の軍曹のものを付けている。
  1. ^ 引田惣弥『全記録 テレビ視聴率50年戦争―そのとき一億人が感動した』講談社、2004年、229頁。ISBN 4062122227
  2. ^ 横井庄一記念館・明日への道、公式ウェブサイト、横井美保子、2010年4月12日閲覧。

参考文献[編集]

  • 島村喬著 『秘録化石の兵隊 横井元伍長・極限の二十八年』(番町書房、1972年)
  • 伊藤忠彦著 『日本人その生と死 横井庄一奇蹟の二八年』(日芸出版、1972年)
  • 朝日新聞特派記者団著 『グアムに生きた二十八年 横井庄一さんの記録』(朝日新聞社、1972年)
  • 毎日新聞社編 『最後の一兵 グアム島取材記者団の全記録』(毎日新聞社、1972年)
  • サンケイ新聞・フジテレビ特別取材班著 『陸軍伍長横井庄一 その28年間のグアム島生活』(サンケイ新聞社出版局、1972年)
  • 文藝春秋編 『「文藝春秋」にみる昭和史』(文藝春秋、1988年) ISBN 4-16-362650-6
  • 横井美保子著『鎮魂の旅路』(ホルス出版、2011年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]