グランドスラム (爆弾)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グランドスラム

グランドスラム (Grand Slam)は第二次世界大戦中の1944年末頃にイギリス空軍が用いた超大型爆弾である。

バンカーバスターの一種で、重量は22,000ポンド(約11トン)あり、これより前に完成した12,000ポンド(約5トン)の爆弾トールボーイの約2倍の威力を持っている。どちらも、小型爆弾では有効な攻撃を与えられない巨大な建造物や、堅牢な構築物を破壊するために製造された。現在までの実戦で用いられた通常爆弾の中では最大である。

開発の経緯[編集]

地震爆弾と呼ばれた爆弾についての構想は、イギリスの航空エンジニアバーンズ・ウォリスが第二次世界大戦の開戦直後から持っていた。しかし、この時には10トンもの爆弾を載せられるだけの爆撃機がなかったため、彼はその設計を一旦棚上げとした。

最初の地震爆弾は5トン級の「トールボーイ」として開発された。この爆弾は、巨大な構築物、とりわけ堅牢に構築された陣地(バンカー)に対して有効で(後のバンカーバスターと同じ用兵)、その効果は第617飛行中隊により、実戦で証明された。

アブロ ランカスター B.I スペシャルと呼ばれる爆撃機にトールボーイを搭載できることが判明した時点から、ウォーリスはトールボーイを更にスケールアップした「グランドスラム」の開発に取りかかった。設計は空力を重視し、長い尾部にはフィンが取り付けられている。このフィンは、爆弾を回転させる作用を持ち、銃のライフリングと同じ原理で安定性と命中精度を高めることとなった。これらはトールボーイから得られた知見である。この爆弾もトールボーイと同様に投下時に音速を超えるが、安定性を保つことができたため音速障壁に左右されなかった。

第二次世界大戦で標準的に使われた爆弾と違い、グランドスラムもトールボーイと同じように、目標の障害物を貫徹する時に爆発しないように、コンクリートでサンドモールド鋳造された高張力鋼の外殻を持っていた。炸薬は熱く溶融した状態でバケツリレーで注入された。炸薬にはトーペックスが用いられたが、装填前に外殻を1ヶ月安置して冷却する必要があった。

トールボーイと同様、製造工程は複雑であり、ひとつひとつの爆弾に膨大な材料と人手が必要なため、単価はたいへん高価なものとなった。このため、作戦が中止になったような場合でも、安全のために海中に投棄するようなことはせず、爆弾を搭載したまま帰投した。

40,000フィート(約12,000m)から投下した時、地表より40mの深さまで貫通した。結果的に、対壕地雷のような形になり、上部の構築物の基礎を揺るがして崩壊させる効果があった。これはまさに、グランドスラムの最初の標的となったビーレフェルト鉄道陸橋で実際に起こったことである。

戦歴[編集]

グランドスラムが貫通したUボート基地の屋根

ランカスターBIスペシャルと言えど一回に一発しか運べず、22,000フィート(約6,700m)からの投下が精度の限界であった。グランドスラムは、1945年3月14日にイギリス空軍の、C.C.カルダー率いる第617飛行中隊「ダムバスターズ」によって使用され、ビーレフェルト鉄道陸橋の二箇所のスパンを破壊した。

別の攻撃では、ブレーメンの近くのバレンティンブンカー(バンカー)に対して2発のグランドスラムが投下され、4-7mのコンクリートを貫通した。Huugeとブレストの潜水艦隊に対するこの攻撃は成功した。

終戦までに41発のグランドスラムが、橋梁陸橋などに対して投下された。

イギリス空軍のアーサー・ハリス大将は1947年にこう書いている。

我々は既にウォーリスの12,000ポンド(約5.4t)爆弾を持っている。この(トールボーイ)中型爆弾は、鉄道トンネルや分厚いコンクリートの屋根を貫通する。この爆弾の成功が証明された時、ウォーリスはさらにパワフルな22,000ポンド(約9.9t)爆弾、原子爆弾の登場までは最も破壊力を持つミサイルを開発していた。この22,000ポンド爆弾は1945年の春まで手元に届かなかったが、我々はこれを使ってルール工業地帯の陸橋や鉄道、またUボートシェルターに多大な被害を与えることができた。

戦後、ハンドレページ ヴィクターは、一発のグランドスラムか、二発のトールボーイを搭載する準備を内部的に行っていた。

アメリカ軍も、同じような方針のもと、グランドスラムより巨大な44,000ポンド(約20t)爆弾、「T-12クラウドメーカー(Cloudmaker)」を開発していたが、終戦までには間に合わなかった。

617中隊は対日戦にも投入が決定しており、九州本州の連絡を遮断する攻撃に使用される予定だった(関門鉄道トンネルか?[要出典]

性能諸元[編集]

  • 長さ 7.70m(26ft 6in)
  • 尾部 4.11m (13ft 6in)
  • 直径 1.17m (3ft 10in)
  • 弾頭 4,144kg (9,135lb)
  • 炸薬 Torpex D1 (Torpedo explosive)
  • 使用弾数 41発

関連項目[編集]

外部リンク[編集]