60口径三年式15.5cm3連装砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
60口径三年式15.5cm3連装砲
Mogami running trials in 1935.jpg
本砲搭載の「最上」。
種類 艦砲
原開発国 日本の旗 日本
運用史
配備期間 1935年〜1945年
配備先  大日本帝国海軍
関連戦争・紛争 太平洋戦争
諸元
重量 175トン
要員数 24名

砲弾 徹甲弾, 榴弾, 照明弾, 三式弾
砲弾重量 55.9 kg
口径 155mm口径 / 60口径長
銃砲身 単装
仰角 -10°/+75°
俯仰速度: 10°/s
旋回角 360°
旋回速度: 6°/s
発射速度 5 発/分
初速 920 m/s
最大射程 27,400m
最大射高 12,000m(仰角55度)

60口径三年式15.5cm3連装砲(60こうけいさんねんしき15.5せんちさんれんそうほう)は、日本海軍の開発した艦載砲。

概要[編集]

「大和」の副砲塔の写真。

日本海軍が開発した初の三連装艦載砲。1930年(昭和5年)ロンドン海軍軍縮条約により、巡洋艦の保有量が制限されることになった。そこで、日本海軍は保有量に余裕がある軽巡洋艦(二等巡洋艦)に重巡洋艦(一等巡洋艦)並みの攻撃力を持たせて、米国海軍英国海軍に対抗しようとした。ロンドン海軍軍縮条約軽巡洋艦の主砲を口径15.5センチ以下と制限したが、門数の制限はなかった。

日本海軍ロンドン海軍軍縮条約で認められた軽巡洋艦建造枠50,955トンに第1次補充計画(昭和6年)で基準排水量8,500トンの軽巡洋艦(のちの最上型巡洋艦)を4隻を建造することを決定、主砲は軽巡洋艦の制限いっぱいの口径15.5cmで3連装砲を新開発して搭載することとした。

運用成績は、散布界も小さく砲の操作性も高く優秀で、砲術関係者からは傑作艦砲と評価された。砲塔防御は従来と同じく25mmで、弾片防御程度の効果しかなかった。この砲塔はロンドン海軍軍縮条約失効後、短期間で20.3センチ連装砲塔に換装できるように計画されていたとされることが多いが、最上型の本砲塔を20.3センチ連装砲塔に換装することが可能かどうかを検証する資料が残っており、当初より換装が想定されていたわけではない[要出典]。20.3センチ連装砲塔換装後の最上型の2番砲塔は1番砲塔と砲身が干渉するため仰角をかけて係止する必要がある。

最上型重巡洋艦の主砲換装に伴い撤去された15.5cm3連装砲は、大和型戦艦の副砲と大淀の主砲に流用された。

搭載艦船[編集]

参考文献[編集]

  • 森恒英 『軍艦メカニズム図鑑-日本の巡洋艦』 グランプリ出版、1993年ISBN 4-87687-132-9
  • 「日本巡洋艦史」、『世界の艦船』増刊第32集、海人社、1991年

関連項目[編集]