ニイハウ島事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニイハウ島事件
第二次世界大戦, 太平洋戦争
Nishikaichi's Zero BII-120.jpg
焼却後の西開地重徳一飛曹搭乗零式艦上戦闘機二一型, 空母飛龍戦闘機隊所属 BII-120, 昭和16年12月17日, 米国陸軍派遣隊撮影
1941年 12月7日12月13日
場所 ニイハウ島, ハワイ
結果 住民が西開地を殺害、あるいは西開地の自殺
  • 原田は自殺
  • 他2名は逮捕
衝突した勢力
(住民) 日本の旗 大日本帝国
指揮官
日本の旗 西開地重徳
戦力
5 住民の監視
住民の協力
1 パイロット
3 協力者
被害者数
1 負傷 2 殺害
2 逮捕

ニイハウ島事件(ニイハウとうじけん、Niihau Incident または Ni'ihau Zero Incident)は、1941年12月7日に、大日本帝国海軍による真珠湾攻撃に加わった空母「飛龍」所属の零式艦上戦闘機が、ハワイ諸島ニイハウ島不時着して起きた一連の出来事。

いきさつ[編集]

1864年以来、ハワイ諸島の中で最も西にあるニイハウ島はロビンソン家が私的に所有している。島民のほとんどはハワイ先住民で、彼らの第一言語は、他の島の住民のような英語やハワイ・クレオール英語ではなく、ハワイ語だった。他には少数の日系アメリカ人白人の住人がいた。

当時、島にはエールマー・ロビンソンから許可を得てのみ、入ることができた。しかし、島民の友人や親類以外に許可が下りる事はほとんど無かった。ロビンソンはハーバード大学を卒業しハワイ語に堪能だった。ロビンソンはいかなる政府当局の干渉も受けず島を管理した。ロビンソンはニイハウ島から約27キロ離れたカウアイ島に住んでおり、毎週ボートでニイハウ島を訪れていた。

大日本帝国海軍の軍令部情報では、ニイハウ島は牛の放牧場で管理人は日本人3名、土人労務者約20名がいるが白人は1人も居住していないと記されていたため、1941年12月に行われた真珠湾攻撃に際して、ニイハウ島を真珠湾攻撃時に損傷を受けた航空機の緊急着陸地として、さらにパイロットを潜水艦によって救出するための集合地点として指定されていた。これは西側の海岸が平坦な地形で滑走路として使い易く、また水深が深い為に潜水艦をギリギリまで寄せることが可能だった事が挙げられる。

西開地の不時着[編集]

西開地重徳一飛曹 (今治市出身[1], 甲飛2期[2], 21歳), アラン・ビークマン著『The Niihau Incident』の表紙より抜粋

12月7日、日本海軍の空母「飛龍」に所属する西開地重徳(にしかいち・しげのり)一飛曹は、真珠湾攻撃の第二波攻撃に参加した後、搭乗した零戦に銃撃を受け自爆認定された[3]。実際には、西開地はニイハウ島の野原に不時着していた。その約600メートル近くに住民の先住ハワイ人のハウリア・カレオハノがいた[4]。カレオハノは真珠湾攻撃に気づいていなかったが、日本拡張主義アメリカの日本への石油禁輸によって両国の関係が悪化していることは、新聞を読んで知っていた。カレオハノは、西開地と零戦を見て、彼が日本人だと気付き、不時着の混乱の最中、彼の銃と書類を奪った。

カレオハノと集まってきた住民たちは、西開地を伝統的なハワイ式歓迎やパーティーでもてなした。しかし、日本語と片言の英語のみを話す西開地の言葉を、住人たちが理解する事はできなかった。住人たちは、日本生まれの日系アメリカ人一世で、ハワイ人の妻を持つシンタニ・イシマツを通訳として呼んだ。

シンタニは、事前に状況を把握しており、明らかな嫌悪と共に通訳に臨んだ。彼は西開地とわずかな会話しかしなかった。そのため、西開地の態度が硬化し、シンタニは動揺して帰ってしまった。困惑した住民たちは、次にハワイ生まれの日系アメリカ人二世で、妻の梅乃(ウメノ・アイリーン)も日系アメリカ人二世だった原田義雄を呼んだ。

西開地はシンタニと違い比較的友好的であった原田に真珠湾攻撃に参加した事を明らかにした。原田はその事実を非日系人の住民には知らせなかった。西開地は奪われた書類を取り戻す事に必死だった。彼はその書類がアメリカ軍の手に渡っても何の意味も無いと言ったが、カレオハノは返却を拒否した。

住民が真珠湾攻撃を知る[編集]

ニイハウは電話はおろか電力も来ていなかったが、その夜、住民たちは、電池式のラジオで真珠湾攻撃の事を知った。住民たちは西開地を詰問し、原田は攻撃の事を今度は彼らに伝えた。島の持ち主のロビンソンが翌朝、週末の日課通りにカウアイ島から到着する予定だったため、西開地はロビンソンと共にカウアイ島へ移されることになった。

しかし、アメリカ軍が真珠湾攻撃の数時間の内に、島へのボート移動を禁止したため、ロビンソンは月曜日に到着できなかった。その後も数日の間、彼は足止めされた。禁止令の事を知らない住民たちは、ロビンソンが到着しない事に不安になった。原田家の要請によって、西開地は5人の監視と共に原田家に移され、彼らには十分な会話をする機会ができた。

12月12日の4時に、西開地の依頼を受けたシンタニは、カレオハノに対して、ニイハウの住民にとっては高額の「200ドルで西開地の書類を買う」と持ちかけたが、カレオハノは再び拒否した。シンタニは、「書類が西開地に戻らないと問題になり、生死に関わる事態になる」と言ったが、カレオハノは聞き入れず、シンタニは出て行った。

シンタニの帰りを待たず、原田と西開地は、家の外にいた監視の一人を襲った。その間、梅乃が騒動の音をかき消すために蓄音機で音楽を流した。5人の監視のうち、3人は職務を放棄して別の場所にいた。監視は倉庫に閉じ込められ、原田たちは散弾銃と倉庫に保管してあった西開地の銃で武装し、カレオハノの家へ向かった。

シンタニが出て行って数十分後、カレオハノは納屋にいた。そこで彼は、原田と西開地が銃を持ち人質を取ってやって来るのを見て隠れた。原田たちはカレオハノを見つけられず、彼らの注意は近くにあった西開地の零戦に向かった。カレオハノはそれを見て納屋から出て逃げた。「止まれ」という言葉と散弾銃の音を聞きながら、カレオハノは走った。カレオハノは、近くの村の住民に逃げるように言ったが、住民たちは原田がそのような行動を取るとは信じられなかった。原田は彼らと共に3年近く暮らし、良き隣人と思われていたからである。それから、捕らえられていた監視が逃げ出し、村へ戻った。住民たちは洞窟、藪の中、遠くの浜辺へと逃れた。

カレオハノは書類を家族に預けた。午前12時30分、彼は一連の出来事をロビンソンに伝えるため、5人の住民とともに救命ボートでカウアイ島へ向かった。これはボートを人力で漕ぐ、10時間に及ぶ旅程だった。ニイハウ島の住民が灯油ランタン反射板を使い、カウアイ島へ信号を送っていたため、ロビンソンはニイハウ島で問題が起こっている事を把握していた。その前夜には、住民たちは自暴自棄になり、たき火を行っていた。しかし、ロビンソンのニイハウ島への渡航は許可されなかった。

一方、原田と西開地は、西開地の零戦の無線を使おうと試みたが失敗し、機体に火を付けた。午前3時頃、カレオハノ宅にも火を付けた。

結末[編集]

12月13日、土曜日の朝、原田と西開地は、島の住民のベニ・カナヘレ[4][5]とその妻エラを捕らえた。原田たちは、エラを人質にして、カナヘレにカレオハノを探すように命令した。カナヘレはカレオハノがいないことを知っていたが、探す振りをした。その後、彼はエラが心配になり戻った。西開地はカナヘレが嘘をついていることに気付いた。原田はカナヘレに、カレオハノが見つからなければ、西開地は全住民を殺すだろうと言った。

カナヘレは、原田たちの疲労と落胆に気付いた。西開地が散弾銃を原田に手渡した瞬間に、カナヘレとエラは西開地を襲った。西開地はブーツから銃を取り出したが、エラは西開地の腕をつかみ、銃を叩き落した。原田がエラを引き剥がし、カナヘレを3回撃った。弾は、足の付け根、腹部、太ももに当たった。しかしカナヘレは、西開地を石壁に投げつけ、エラがひるんだ西開地の頭部を岩で殴打した。カナヘレは西開地の喉をナイフで切り裂いた。西開地が死んで絶望した原田は散弾銃で自殺した。

12月14日の午後に、アメリカ軍当局、カレオハノら6人、ロビンソンがニイハウ島に到着した。梅乃とシンタニは拘留された。シンタニは収容所に送られたものの、その後無実が証明されニイハウ島に戻り、1960年にアメリカ市民権を得た。梅乃は31ヶ月間収監され、1944年6月に解放された。彼女は、反逆罪やその他の罪で告発される事はなかった。彼女は無実を主張する際には英語を使い、パイロットを可哀想に思い彼を助けたかったと述べた際には、日本人聴衆のために日本語を使った。

ベニ・カナヘレは、カウアイ島のエレエレ病院に収容され治療を受けて健康を取り戻した。

異なる見解[編集]

現地住民によって戦闘機用の通話暗号表の入った用具嚢を持ち去られたため、キャンプに放火することで西開地らは暗号表の隠滅を図った。その後、放火を知った現地住民の前から逃走し、山中で拳銃を用いて自殺した。現在の通説は現地住民が米軍当局からの褒賞欲しさについた虚偽の証言であるとの見解も存在する。

事件の余波[編集]

歴史家ゴードン・プランジは、「3人の日系人住民が(大日本帝国海軍の)パイロット側に転向した素早さ」に注目し、それは日系人のハワイ住民にとって災難になった。またプランジは、この事件だけを根拠に「ニイハウ島事件においてさらに悲観的な点は、日系人はたとえアメリカ市民だろうと信用できず、彼らにとって都合がいい状況であった場合は、日本から離れることはない、という証明になったという事だ」と、根拠に欠ける断定をしている[6]

小説家のウィリアム・ホルステッドは、「ニイハウ島事件は、日系人の強制収容に至る決定に影響した」と述べている[7] 。彼によれば、シンタニと原田家の行動はアメリカ海軍の報告書に記されたと言う。1942年1月26日のアメリカ海軍のC・B・ボールドウィン中尉による公式文書の中で、以下のように記されている。「それまで反アメリカの傾向がなかった2人のニイハウ島の日本人住民が、日本の支配がその島において可能だと思われた際にそのパイロットを助けたという事実は、それまでアメリカに忠誠を誓っていた日本人住民が、さらに日本の攻撃が成功すると思われた場合、日本を支援するかも知れないという可能性を示している」[8]

しかしこれらの根拠の薄い断定に反して、ハワイ在住の日系アメリカ人の大部分は強制収容されず、その後第二次世界大戦中にわたり、多くの日系アメリカ人は人種差別を背景にした強制収容などの過酷な目に合わされたにもかかわらず、祖国であるアメリカに忠誠を誓い、アメリカ軍に志願し、アメリカ合衆国の歴史上もっとも多くの勲章を受けた第442連隊戦闘団をはじめとする実戦部隊や軍の諜報担当、日本語通訳や日本語教師などとして活躍し、アメリカ軍及び連合国軍の勝利に大きく貢献した。

記念碑[編集]

西開地の故郷である愛媛県波止浜(現在は今治市の一部)には、花崗岩の柱が建てられている。その柱には、事件の物語と、彼は「戦闘」で死に、「彼の功績は永遠に続く」と刻まれている[7]

西開地の零戦の残骸は、真珠湾のフォード島のアメリカ海軍基地内にある「太平洋航空博物館」内に展示されている。

注記[編集]

  1. ^ 土本匡孝, 平和:「ニイハウ島事件 日系2世の汚名返上を」, オッショイ!九州, 毎日新聞, 2011年12月7日.
  2. ^ 高橋賢三, 「甲飛の友」, 蒼空の記憶.
  3. ^ #飛龍飛行機隊調書(1)p.4
  4. ^ a b Lord, Walter (1957). Day of Infamy. Henry Holt and Company. pp. 188–191. ISBN 0-8050-6803-1. 
  5. ^ 姓の「カナヘレ」は、定冠詞の「カ」、「森」の意の「ナヘレ」で構成されている。(Dictionary translation.) カナヘレはニイハウ島に祖先を持つ家族にとって一般的な姓である
  6. ^ Prange, Gordon W. (1962). December 7, 1941: The Day the Japanese Attacked Pearl Harbor. New York: McGraw Hill. pp. 375–77
  7. ^ a b William Hallstead (2000年11月). “The Niihau Incident”. 2006年12月18日閲覧。
  8. ^ Beekman 1982, p. 112

参考[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]