百人斬り競争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1937年12月13日東京日日新聞

百人斬り競争(ひゃくにんぎりきょうそう)とは、日中戦争支那事変)初期の南京攻略戦時に、日本軍将校2人が日本刀でどちらが早く100人を斬るかを競ったとされる行為である。

当時の大阪毎日新聞東京日日新聞、鹿児島新聞[1]、鹿児島朝日新聞[2]、鹿児島毎日新聞[3]において報道されたが、事実か否か、誰を斬ったのかを巡って論争となっている。また遺族を原告とした名誉毀損裁判が提訴されたが、訴訟については毎日新聞、朝日新聞、柏書房、本多勝一の勝訴が確定している。

概要[編集]

この競争の模様は、『大阪毎日新聞』と『東京日日新聞』(現在の毎日新聞)の浅海・光本・安田・鈴木特派員により、1937年11月30日付、12月4日付、12月6日付、12月13日付によって報道された。

その後、1938年に野田少尉は鹿児島に帰還し、「最終的に374人の敵を斬りました。」と語っていることを鹿児島新聞(3月21日)、鹿児島朝日新聞(3月22日)が報じている。野田は3月24日には神刀館で百人斬りの講演を行っている。[4]

1939年5月19日に向井少尉は305人斬り、500人斬りを目指して奮闘中であると東京日日新聞が報じている[5]

戦犯裁判[編集]

1947年の夏、ともに陸軍少佐として復員除隊していた向井敏明野田毅はGHQにより逮捕され、警察署に拘留された後巣鴨拘置所さらに中国・南京戦犯拘留所に移送され、12月4日に東京日日新聞の報道や「南京の役 殺一〇七人」の軍刀などを基に南京軍事法廷において住民捕虜虐殺の容疑で起訴された。12月18日に最初の公判が行われ石美瑜裁判長によって「連続して捕虜及び非戦闘員を虐殺した」罪[6]で即日死刑判決を受け、中華民国によって1948年1月28日に南京郊外(雨花台)で処刑された[7]

論争[編集]

1971年本多勝一朝日新聞に連載していたルポルタージュ『中国の旅』(のちに単行本化)でこの事件を取り上げた。このとき、本多は両少尉をA少尉、B少尉と匿名で表現した。これに対してイザヤ・ベンダサン山本七平)が「百人斬り競争は存在しない」と主張し、「なぜ両少尉を匿名にしたのか。実名を明らかにしていただきたい。この話は「伝説」なのでしょう。この二人は存在しないから実名が記せないのでしょう。」と批判した[8]。これに対し本多が両少尉の実名入りの新聞記事や鈴木二郎記者、志々目彰の手稿(後述)を挙げ、「これでも伝説と主張しますか」と反論した[9]。その後、鈴木明が「南京大虐殺のまぼろし」を出版し、「百人斬りは事実でなかった」と主張した。のちに、山本は成瀬関次の著書「戦ふ日本刀」(1940)を引用して「日本刀で本当に斬れるのは3人が限界。だから百人斬りは嘘」と主張[10]秦郁彦はその山本の主張に対し、「1.無抵抗の捕虜を据えもの斬りすること[11]を想定外としていること」「2.成瀬著から都合のよい部分だけを利用し、都合の悪い事例を無視している[12]こと」から『トリックないしミスリーディングといえよう』と評している。[13]洞富雄も同様に山本七平と鈴木明を批判している。

  • 肯定する根拠
    1. 野田少尉と同郷である志々目彰小学生の頃、学校で野田少尉が百人斬りの講演を行い、野田自身が捕虜を斬ったことを自分から告白していたことを証言している[14]
    2. 野田少尉と同じ小隊に所属していた望月五三郎の手記『私の支那事変(私家版)』に、「百人斬り」の一環として、野田少尉が無辜の農民を日本刀で斬殺した記述がある。
    3. 当時の南京の状況や日本軍の状況を考えると、「百人斬り」の様な残虐行為があっても不自然ではない。
    4. そもそも戦闘中の行為としてはおよそ不可能な行為であり、ほとんどは戦闘終了後の捕虜「処分」時に行われたと考えられる(志々目手記、望月手記にも示されている)。
    5. 少なくとも、戦時中は野田向井両名とも事件を否定するような証言はしておらず、むしろ自分の故郷などで武勇伝的に語っていた。 また、大阪毎日新聞鹿児島沖縄版1938年1月25日付の記事では、故郷の友人に宛てた手紙が掲載されており、「百人斬り」の実行を記している。
    6. 秦郁彦野田の故郷鹿児島でインタビューを行い、野田自身が地元の小学校や中学校で捕虜殺害を自ら公言していたことを調べ、1991年に日本大学法学会『政経研究』42巻1号・4号に発表している。
  • 否定する根拠
    1. 当時、向井少尉丹陽の砲撃戦で負傷して前線を離れ、「百人斬り競争」に参加することは不可能であったという証言がある。[15]
    2. 銃器が発達した近代の陸上戦闘では、白兵戦における個人の戦果を競うという概念はほぼない[16]
    3. 向井少尉は砲兵隊の小隊長であり、野田少尉は大隊の副官であった。両者とも所属が異なり、最前線で積極的に白兵戦に参加する兵科ではない[17]。さらに、兵科の違う2人が相談して「何らかの戦果を競争する」ことは不自然である。また、向井少尉には軍刀での戦闘経験はない[18]
    4. 戦時報道は言うまでもなく、両少尉の証言は戦意高揚、武勇伝としてのものである[19]
    5. 仮に抜刀による戦闘が実際あったとしても民間人を殺害させ、勝者には賞が出されるという「殺人ゲーム」のようなものは、東京日日新聞の記述とは全く異なるものである[20]
    6. 東京日日新聞などの記事では、野田少尉向井少尉が戦場で「百人斬り競争」を始め、その途中経過を記者らに逐次伝えたことになっているが、野田が戦後残した手記によると、二人は1937年秋に無錫で東京日日新聞の記者から「ドウデス無錫カラ南京マデ何人斬レルモノカ競争シテミタラ。記事ノ特種ヲ探シテヰルンデスガ」と持ちかけられ、向井が冗談のつもりで応じると、記者は「百人斬競争ノ武勇伝ガ記事ニ出タラ花嫁サンガ殺到シマスゾ」「記事ハ一切記者ニ任セテ下サイ」と述べた。二人と記者は無錫で別れ、野田少尉によれば、件の記者と再会した時には、既に「百人斬り競争」の記事が日本で話題になっていたという[21]

名誉毀損裁判[編集]

2003年4月28日野田向井の遺族が遺族及び死者に対する名誉毀損にあたるとして毎日新聞、朝日新聞、柏書房、本多勝一らを提訴した[22][23]

訴訟の主な争点[編集]

「戦闘による百人斬り」を言いだしたのは誰か[編集]

  • 原告の主張 - 報道された新聞記事大阪毎日新聞、東京日日新聞の記者らが戦意高揚のために創作した[24]
  • 被告(毎日新聞)の主張 - 報道された新聞記事は両少尉が記者たちに語ったことをそのまま伝えた。記者たちは実際に二人が中国人を斬ったところは見ていない。
  • 裁判所の判断
    1. 日日新聞に掲載された写真を撮った佐藤記者(原告側証人)は、記事の執筆には関与していないが、「百人斬り競争」の話を両少尉から直接聞いたと供述しており、これは当時の従軍メモを元にしている点からも信憑性が高い。
    2. 両少尉自身も、遺書等で両少尉のいずれかが記者に話したと記している。
    3. 野田少尉が中村硯郎あてに百人切りを自慢する手紙を送ったり、地元鹿児島で百人切りを認めるコメントをしたり講演会をしたりしており、少なくとも野田少尉は百人切りを認める発言をしている。
等の理由により、『両少尉が浅見記者ら新聞記者に話をしたことが契機となり、「百人斬り競争」の記事が作成されたことが認められる。』と判断した[25]

向井少尉の負傷について[編集]

  • 原告の主張 - 当時、向井少尉丹陽の砲撃戦で負傷して前線を離れ、「百人斬り競争」に参加することは不可能であった[26]。両少尉の手記や、冨山大隊長の証明書にも同旨の記載がある。
  • 被告(本多勝一)の主張 - それらは南京軍事裁判で向井少尉が死刑を回避するために捏造したものである。検察の主張をそのまま認めたら死刑になってしまうのでこの行為自体は仕方ない行為だが、資料の裏付けは無く、信憑性はない。
  • 裁判所の判断
    1. 両少尉の手記や、冨山大隊長の証明書は南京軍事裁判になって初めて提出されたものであり、南京戦当時に作成された客観的な証拠は提出されていない。
    2. 向井少尉が丹陽の戦闘で負傷し、離隊しているのであれば、向井少尉直属の部下であった田中金平の行軍記録に当然記載があるはずだが、そのような記載はない。
等の理由により、『向井少尉が丹陽の戦闘で負傷して前線を離れ、紫金山の戦闘に参加することができなかったとの主張事実を認めるにたりない』と判断した[27]

戦闘による百人斬りは実際に行われたか[編集]

  • 原告の主張 - 山本七平は著書「私の中の日本軍」で「日本刀は三人戦闘で斬れば使い物にならなくなる。だから100人も斬れるはずがないので100人斬り報道は虚偽である」と主張。原告もそれを引用して同様の主張をした。
  • 被告(本多勝一)の主張 - 宮本武蔵や佐々木小次郎でもない一般人が百人も戦闘で斬れるはずがない。実際には両少尉は捕虜や農民を斬ったのであり、それを新聞記者にぼかして伝えたのだ。
  • 裁判所の判断 - 南京攻略戦当時の戦闘の実態や両少尉の軍隊における任務、一本の日本刀の剛性ないし近代戦争における戦闘武器としての有用性等に照らしても、本件日日記事にある「百人斬り競争」の実体及びその殺傷数について、同記事の内容を信じることはできないのであって、同記事の「百人斬り」の戦闘戦果ははなはだ疑わしいものと考えるのが合理的である[28]

実際には何が行われたか[編集]

  • 被告(本多勝一)の主張 -
    1. 野田少尉が教官だった望月五三郎が靖国神社に寄贈した体験記「私の支那事変」に、野田少尉が農民をひっぱってきて首を斬り、その行為は中国人を見つければ向井少尉と奪い合いをするほどエスカレートしていった記述がある。
    2. 野田少尉と同郷である志々目彰は小学生の頃、学校で野田少尉が講演を行い、野田少尉が自ら「実は百人斬りの内容は捕虜を斬った」ことを語ったと証言している[14]
    3. 「南京大虐殺のまぼろし」を記した鈴木明も、対象者が捕虜であれば可能性があることを認めている。
    4. 南京攻略戦当時の日本軍には捕虜や農民の殺害はありふれていたことであり、そのことを裏付ける資料は多数存在する。
等の根拠から、実際には両少尉は捕虜や農民の殺害数を競う「殺人ゲーム」をしていたと推察される。
  • 裁判所の判断
    1. 望月五三郎の記述の真偽は定かでないというほかないが、これを直ちに虚偽であるとする客観的資料は存在しない。
    2. 志々目彰の小学校の同級生である辛島勝一も、志々目彰と一緒の機会に、野田少尉から、百人という多人数ではないが逃走する捕虜をみせしめ処刑のために斬殺したという話を聞いた旨述べている。辛島が野田少尉を擁護する立場でそのような内容を述べていることに鑑みれば、ことさら虚偽を述べたものとも考え難く、少なくとも野田少尉が「捕虜を斬った」という話をしたことは両名の記憶が一致している。
    3. 本多は捕虜を斬ったとする鵜野晋太郎の手記を引用している。これらの話も、真偽のほどは定かではないというほかないが、自身の実体験に基づく話として具体性、迫真性を有するものと言える。
以上の点から、その重要な部分において全くの虚偽であると認めることはできないというべきである。以上と異なる前提に立つ原告らの主張は、いずれも採用することはできない。

時効[編集]

  • 被告(毎日新聞)の主張 - 新聞記事は1937年のものであり、民法724条の除斥期間(3年)は経過しており、訂正・謝罪の義務はない。
  • 原告の主張 - 新聞記事は60年以上前の物であるが、その記事は虚報であり、その虚報を正さずに放置し続ける限り、時効は延長する。
  • 裁判所の判断 - 前述の通り新聞記事が「虚偽であることが明らかになったとまで認めることはできない」。よって時効は考慮するまでもない[29]。また仮に原告らの請求権が存在していたとしても除斥期間を経過しており時効は成立している。

上記等の理由により、2005年8月23日、東京地裁において原告請求全面棄却の判決が出された[30]

原告は控訴、2006年2月22日、東京高裁は一回審理で結審した。なお、控訴人が提出した第2準備書面の一部の陳述について、裁判長は内容不適切(裁判官侮辱)につき陳述を認めないとした。結審の後、控訴人側弁護士は裁判官の忌避を申し立てたが3月1日却下された(結審後の申立てや訴訟指揮を理由とした裁判官忌避は通常認められない)。5月24日、控訴棄却判決[31]

原告側は上告したが12月22日、最高裁においても上告棄却判決。原告側の敗訴が確定した。

その他[編集]

台湾台北市国軍歴史文物館の南京大虐殺を説明するパネル写真には刀身に「南京の役 殺一〇七人」と刻まれた日本軍刀と中華民国軍が主張する日本刀がはめ込まれて展示されている。
  • 2004年、集英社の週刊ヤングジャンプ43号掲載された本宮ひろ志の漫画『国が燃える』第88話において南京事件をとりあげ、二人の兵士が捕虜を並べて速く斬る競争をする描写をしたが、政治結社正氣塾や『集英社問題を考える地方議員の会』の抗議を受けて集英社は、「現在、戦犯として処罰された方々のご遺族の皆様が裁判中です。係争中という時期に、誤解を招きかねない描写を掲載した件につきましては、関係者の皆様には、深くお詫び申し上げます」とし、当該シーンを削除した。
  • 毎日新聞社が1989年(平成元年)に刊行した『昭和史全記録 Chronicle 1926-1989』には、向井少尉が負傷して不在であったことを理由として、この記事の百人斬りは事実無根だったと主張している[32]
  • 1991年に秦郁彦野田の故郷鹿児島で上述の(志々目や辛島が聞いた)野田の講演の聴衆に対し裏付け調査を行った。野田が地元の小学校や中学校で捕虜殺害を公言していたことに対して複数の証言が得られたので、「どうやら一般住民はともかく、野田が白兵戦だけでなく、捕虜を並べての据え物斬りをやったと「告白」したのは事実らしい」と結論づける論文を2005-2006年に発表している[33]
  • 中華人民共和国南京市にある南京大虐殺紀念館では、この東京日日新聞の記事を「虐殺の証拠」として等身大パネルを作成して展示をしている[17]。また台湾中華民国)の台北市にある中華民国軍の歴史資料館である国軍歴史文物館では刀身に「南京の役 殺一〇七人」と刻まれた「南京大虐殺時の日本軍の刀」であるとする傷ついた刀が、同じく「虐殺の証拠」として写真パネルとともに展示されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和12年12月18日
  2. ^ 昭和13年3月20日
  3. ^ 昭和12年12月16日
  4. ^ 鹿児島朝日新聞3月22日
  5. ^ 1939年5月19日付
  6. ^ 「百人斬り訴訟」裁判記録集P108
  7. ^ 鹿児島新聞1938年3月32日、鹿児島朝日新聞3月22日[疑問点 ]
  8. ^ 諸君!』 1972年3月号[要ページ番号]
  9. ^ 『諸君!』 1972年4月号[要ページ番号]
  10. ^ 私の中の日本軍[要ページ番号]
  11. ^ 戦闘で敵を斬ることとは難易度が全く異なる
  12. ^ 「戦ふ日本刀」は山本七平が引用した斬れなかった事例は少数派で、大部分は日本刀の優秀性を印象付ける内容である
  13. ^ いわゆる「百人斬り」事件の虚と実(二)
  14. ^ a b 「郷土出身の勇士とか、百人斬り競争の勇士とか新聞が書いているのは私のことだ。実際に突撃していって白兵戦の中で斬ったのは四、五人しかいない。占領した敵の塹壕にむかって『ニーライライ』とよびかけるとシナ兵はバカだから、ぞろぞろと出てこちらへやってくる。それを並ばせておいて片っぱしから斬る。百人斬りと評判になったけれども、本当はこうして斬ったものが殆んどだ。二人で競争したのだが、あとで何ともないかとよく聞かれるが、私は何ともない」白兵戦では斬らずに戦意を失って投降した敵を斬るという"勇士"の体験談は、私にはショックだった。月刊誌『中国』1971年12月号[要ページ番号]
  15. ^ 「百人斬り(名誉毀損)裁判」における原告側主張の1つ。[1]争点2-カ(ア)c [リンク切れ]
  16. ^ 「百人斬り(名誉毀損)裁判」における原告側主張の1つ。[2]争点2-カ(ア)i [リンク切れ]
  17. ^ a b c 石川水穂 (2008年9月27日). “南京の真実語った従軍記者”. 産経新聞. http://s03.megalodon.jp/2008-0929-1812-32/sankei.jp.msn.com/affairs/trial/080927/trl0809270350001-n1.htm 2010年4月5日閲覧。 
  18. ^ 「百人斬り(名誉毀損)裁判」における原告側主張の1つ。[3]争点2-カ(ア)h [リンク切れ]
  19. ^ 「百人斬り(名誉毀損)裁判」における原告側主張の1つ。[4]争点2-カ(ア)a [リンク切れ]
  20. ^ 「百人斬り(名誉毀損)裁判」における原告側主張の1つ。[5]争点2-カ(イ)[リンク切れ]
  21. ^ 産経新聞』 2001年6月18日
  22. ^ “朝日、毎日新聞などを提訴 「百人斬り」は名誉棄損”. 共同通信社. 47NEWS. (2003年4月28日). http://www.47news.jp/CN/200304/CN2003042801000202.html 2013年4月14日閲覧。 
  23. ^ a b “国の名誉守りたい 稲田衆院議員 「百人斬り裁判」を本に”. 福井新聞 (47NEWS). (2007年5月17日). http://www.47news.jp/CI/200705/CI-20070517-6456278.html 2013年8月9日閲覧。 
  24. ^ 「百人斬り訴訟」裁判記録集P113
  25. ^ 「百人斬り訴訟」裁判記録集P191
  26. ^ 「百人斬り訴訟」裁判記録集P192
  27. ^ 「百人斬り訴訟」裁判記録集P192
  28. ^ 「百人斬り訴訟」裁判記録集P253
  29. ^ 「したがって,その余の点について検討するまでもなく、原告らの上記主張に理由はなく、被告毎日に対する請求は認められないというべきである。」
  30. ^ “軍人遺族の請求棄却 南京「百人斬り」報道で”. 共同通信社. 47NEWS. (2005年8月23日). http://www.47news.jp/CN/200508/CN2005082301000955.html 2013年4月14日閲覧。 
  31. ^ “2審も軍人遺族の請求棄却 百人斬り「虚偽と言えぬ」”. 共同通信社. 47NEWS. (2006年5月24日). http://www.47news.jp/CN/200605/CN2006052401002374.html 2013年4月14日閲覧。 
  32. ^ 『昭和史全記録 Chronicle 1926-1989』p.178(野田 2011 p.16)
  33. ^ 日本大学法学会『政経研究』42巻1号・4号

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 板倉由明『本当はこうだった南京事件』(日本図書刊行会、1999年)ISBN 4-8231-0504-4
  • 鵜野光博「百人斬り競争の虚報を証明した野田少尉の日記」(『正論』2001年8月号)
  • 笠原十九司『「百人斬り競争」と南京事件』(大月書店、2008年)ISBN 978-4-272-52080-0
  • 熊谷伸一郎 「歴史修正主義との闘い 検証 南京事件・「百人斬り」訴訟--問われる戦後責任・報道責任」(『世界』745、2005.11)
  • 小野賢二「報道された無数の〈百人斬り〉」(『戦争責任研究』50、2005.冬季)
  • 鈴木千慧子「〈百人斬り競争〉訴訟はなぜ起こされたか 」(『歴史地理教育』666、2004.3)
  • 秦郁彦「いわゆる「百人斬り」事件の虚と実 (1)(2)」(『政経研究』第四十二巻第一号、第四号 日本大学法学会)
  • 洞富雄「軍隊教育に培われた青年将校の精神構造--「百人斬り競争」は「事実」であったか「語られた事実」であったか」(『歴史評論』269、1972.11)
  • 向井千恵子(向井敏明次女)「裁かれる百人斬り捏造報道」(『諸君!』2003年9月号)
  • 本多勝一星徹渡辺春己 「南京大虐殺と「百人斬り競争」の全貌」(株式会社金曜日)ISBN 9784906605538
  • 山本七平 「私の中の日本軍」(上・下)(文春文庫)ISBN 9784167306014 ISBN 9784167306021

外部リンク[編集]