黒龍会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

黒龍会(こくりゅうかい)は1901年明治34年)1月に設立された国家主義右翼)団体である。玄洋社の海外工作センターともいわれた。海外では日本の壮士集団、BLACK DRAGON SOCIETYとして恐れられていた。[要出典]現在に続く右翼の源流といわれる[誰?]1946年GHQ当局によって、最も危険な影響力のある国家主義団体として解散させられた。

創設[編集]

日清戦争後の三国干渉に憤慨した玄洋社の一部が大陸での活動をするために、1901年、平岡浩太郎(玄洋社創立者の1人で玄洋社初代社主)の甥に当たる内田良平を中心として葛生修吉らが設立した。他に平山周(後の中華民国軍総司令部顧問)、葛生能久(最後の黒龍会主幹で昭和右翼の重鎮)がいた。玄洋社の頭山満が顧問となった。

内田良平の父である内田良五郎筑前勤皇党の志士であり、良平の叔父の平岡浩太郎は西南の役に従軍、後に頭山満と共に玄洋社を創立し、帝国議会開設後は衆議院議員を務めた。また自らが経営する筑豊炭鉱で得た巨額の資金を革命資金として孫文を支援、またアジア各国の独立運動や、郷土の後輩や青年の育英にも惜しみなくその財を注ぎ込んだ。

名称[編集]

中国満州ロシア国境を流れる黒龍江は、春になると川原一面にきれいな花が咲き乱れる。その、のどかで平和な美しい光景をシベリア横断を成し遂げた内田良平が見て感動し、東亜の理想はこの光景にあると大悟し、欧米列強諸国によって殖民併呑されたアジアを復興し、まるで極楽を思わせるかの様な、春の美しい黒龍江のようなアジアを建設することをライフワークとして誓った。その復興アジアへの内田良平の誓いこそが、黒龍会の名前の由来である。

対露西亜論[編集]

黒龍会はいわゆる対露主戦論を主張し内田良平は、単身シベリアを横断してロシア革命を予測して、「ロシア帝国恐れるに足りず」として『露西亜亡国論』を著わし、ロシア革命に同情したが、治安を乱すという当局の理由によって即日発禁処分となる。

日韓連邦の構想と挫折[編集]

樽井藤吉は著書『大東合邦論』にて、日韓連邦建設によって欧米列強諸国からアジアの独立を護ろうと主張した。内田良平や武田範之らの黒龍会の会員たちは、『大東合邦論』に共鳴した東学党の乱の指導者の一人、韓国一進会の会長李容九と共に「日韓連邦建設」「日韓合邦論」を叫んで、日韓が力を合わせ白人の東洋侵略に対抗するべく運動を展開した[1]

黒龍会結成には内田良平をはじめ武田範之鈴木天眼清藤幸七郎ら、全棒準の指導によって蹶起した農民達が引き起こした、東学党の乱支援のために、天佑侠を結成して朝鮮半島に渡った人々も深く係わった。

日韓合邦運動は結果的に、日本政府に利用され騙されて、「日韓両国が平等に連邦を建設しよう」という「合邦」は「併合」に摩り替えられて、日韓併合への道を拓いた。[要出典]内田良平をはじめとする黒龍会の会員たちは、その道義的な責任を感じて、同光会を結成して、朝鮮統治改革運動を展開して、朝鮮に高度な自治権を施し、朝鮮人にも参政権を与えるべきだと主張した。その結果、朴春琴など朝鮮人の帝国議会議員が誕生していた。

孫文支援[編集]

また黒龍会は、孫文の中国革命を支援しており、1905年に中国革組織各派(興中会孫文胡漢民汪兆銘など、光復会=(陶成章章炳麟蔡元培秋瑾など)、華興会=(黄興宋教仁陳天華など)他)が連合して成立した中国同盟会の結成準備会は、東京赤坂の黒龍会本部兼内田良平の自宅で行われた。

また、黒龍会では、北一輝を、黒龍会発行の機関誌『内外時事月函』の記者の名目として上海に派遣し、中国革命を支援した[2]

中国革命が、南北妥協によって挫折した後、内田良平らは、反袁世凱という立場から、満蒙独立運動を支援する立場となり、宗社党などと関係を持ってパプチャップ(巴布扎布)らと共に、第一次満蒙独立運動第二次満蒙独立運動に関り、本告辰二志賀友吉若林快三ら、黒龍会の会員が殉難している。

その他のアジア復興運動[編集]

また、黒龍会では、ラース・ビハーリー・ボース亡命支援などに携わり、インド独立運動フィリピン独立運動など、復興アジア運動を積極的に行った[3]

人種差別撤廃運動[編集]

また黒龍会の主張として特筆すべきことは、人種差別の撤廃を世界に訴えたことである。第一次世界大戦後、牧野伸顕らが代表として国際連盟の会議に出席することになったのを受け、黒龍会は各界に強い働きかけをして人種的差別撤廃提案を提出させようと運動している。

イタリアのエチオピア侵攻問題について[編集]

また、1935年1941年にかけてイタリアエチオピアを侵略した際には、イタリアの侵略行為を激しく非難してエチオピアを支持し、『伊エ問題とエチオピア事情』、『空襲下の悲壮エチオピア』の二冊のパンフレットを1935年に出版している。このエチオピア問題で黒龍会は、日本の女性皇族をエチオピアの帝室と縁結びをさせようという運動をしている。

第二次世界大戦中のアメリカでの活動[編集]

第二次世界大戦中には、アメリカで情報収集など様々な活動を行っており、会員がサンフランシスコにおいてFBIに逮捕されたこともあった[4][要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 黒龍会『日韓合邦秘史』上下二巻。
  2. ^ その時の電報文などは、みすず書房刊行『北一輝著作集』第三巻所収
  3. ^ 東亜先覚志士記伝』上、中、下巻
  4. ^ 英語版参照

関係資料[編集]

  • 内田良平文書研究会編『黒龍会関係資料集』(柏書房)1992年
  • 内田良平文書研究会編『内田良平関係文書』(芙蓉書房新社)1992年
  • 黒龍倶楽部編『國士内田良平傳』(原書房)1967年
  • 滝沢誠『評伝内田良平』(大和書房)1976年
  • 田中健之『内田良平翁五十年祭追慕録』(皇極社出版部)1987年
  • 田中健之編『内田良平著作集全3巻』(皇極社出版部)1983年〜1988年
  • 『発禁・黒龍会会報』(皇極社出版部)1987年
  • 『日韓合邦秘史』(黒龍会出版部)1935年
  • 『東亜先覚志士記伝』(黒龍会出版部)1933年〜1936年
  • 黒龍会 1930 『黒龍会三十年事歴』 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]