ニキ・ド・サンファル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニキ・ド・サンファル

ニキ・ド・サンファルNiki de Saint Phalle, 1930年10月29日 - 2002年5月21日)は、フランス画家彫刻家、映像作家。本名カトリーヌ・マリ・アニエス・ファル・ド・サンファル(Catherine Marie-Agnes Fal de Saint Phalle)。

生涯[編集]

ナナ(ハノーファー)
ファウンテン・ライフセイバー(ドイツ、デュイスブルク)。廃物を組み立てて作ったティンゲリーの黒い立体作品の上に、ニキの鮮やかな作品が立つ

パリ生まれ。父はフランス人、母はアメリカ人。1933年に家族そろってアメリカ合衆国に移住した。アメリカでは転学を繰り返すが、在学中よりモデルとして活動している。

1949年、後に作家となる幼なじみのハリー・マシューズ(Harry Mathews)と親の反対を振り切って結婚(1960年に離婚)。

正規の美術教育は受けていないニキであったが、1952年にパリへ戻って以降、作家たちと交わるようになる。1953年に精神療法の一環として絵を描き始める。南欧旅行で美術館や建築に接した感銘が、彼女の作家志望をかきたてたともいわれる。ニキの初期の作品はハノーファーシュプレンゲル美術館に多く収蔵されている。若描きとはいえ、のちのナナ・シリーズに代表されるようなニキ作品を十分に予告するものとなっている。

離婚後、ジャン・ティンゲリーと暮らすようになったニキは、1961年に「射撃絵画」の発表で、一躍ヌーヴォー・レアリスムの重要なメンバーと認められるようになる。センセーショナルなデビューを果たしたニキであったが、「射撃絵画」からは急速にはなれ、立体作品に傾斜しはじめる。

1965年、パリで最初の「ナナ」が展示される。いびつに太った大柄女性が踊っているかのような風変わりな造形は友人の妊婦の姿からヒントを得たとされる。そのユニークなフォルムは、原色を多用した斬新な彩色とともに、その後のニキのトレードマークとなり、世界各国の広場などに設置された。

1971年にティンゲリーと結婚。1974年にハノーファーに『魔法の洞窟』開設。

1982年ポンピドゥー・センターに隣接するストラヴィンスキー広場の『自動人形の噴水』をティンゲリーと共作。

1994年カリフォルニア州サンディエゴに移住。ニキのコレクター、増田 Yoko 静江のプライベート・コレクションをもとにニキ美術館那須高原に開館。

1998年、構想から24年を費やしたタロット・ガーデンがイタリアトスカーナに開館。ニキ美術館の招請により初来日。

2000年ハノーファーの名誉市民となる。2002年サンディエゴにて71歳で没する。

外部リンク[編集]