平面幾何学式庭園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランス、ヴェルサイユ宮殿の庭園
オーストリア、シェーンブルン宮殿

平面幾何学式庭園(へいめんきかがくしきていえん)は西洋式庭園の作庭技法の一つ。イタリア式庭園と違って、主として平地に営まれ、幾何学的構成をもつ庭園に強い軸線を導入している。

概要[編集]

17世紀フランスの宮苑造園家ル・ノートルによって確立された。フランスの宮殿建築と造園に革命をもたらした3人の大家として、ノートルのほか、フランソワ・マンサールと、彼の大甥であるジュール・アルドゥアン=マンサールがあげられる。アンドレ・ル・ノートルは、宮廷庭師ジャン・ル・ノートルの息子で、マリー・ド・メディシスリュクサンブール宮殿の庭を造らせた造園家の一人であった。ノートルはヴォー・ル・ヴィコント、ヴェルサイユ、シャンティー、ディジョンの庭を計画、実現した。フランソワ・マンサールはブロワ城、ジュール・アルドゥアン・マンサールはヴェルサイユ宮殿アンヴァリッドのドーム、ヴァンドーム広場ヴィクトワール広場、ダラン・トリアノン、マルリの王宮を造っている。

この庭園様式は、その後ヨーロッパ全土に広がり、彼は「王者の庭師」、「庭園の王」とまで呼ばれるようになった。イタリアで生まれたイタリア式庭園(露壇式庭園)で用いられている樹木の列植や花壇の幾何学的な構成に、強い軸線の導入、毛氈花壇やボスケトレリスなどが考案された。野菜は姿を消し、丈の低い花やこれとよき対照をなす観葉植物がそれに替わった。よく用いられる図案は、方形のなかに仕込まれた4つのアラベスク、または刺繍文様の組合わせであり、その中央には池が配置された。

中でもヴェルサイユ宮殿は平面幾何学式庭園の代表例であり、300ヘクタールにも及ぶその大庭園は建築式造園の一つの到達点である。ここでは宮殿中央の「鏡の間」の前のテラスから南へと「王の並木道」が延び、その先がカナールになって、それがはるか天と地の境にまで延びていっているように見える。ヴェルサイユではボスケのなかにもさまざまな小庭園が造られ、これらを舞台に、モリエールの芝居、リュリの音楽、ラ・フォンテーヌの詩の朗読などが行われたのであった。この庭園様式はヨーロッパ中の宮廷庭園に模倣されたが、大きな広場やそこに繋がる一直線に伸びた道路は、18世紀都市計画にも大きな影響を与えた。

庭園の特徴と技法[編集]

  • 庭園面積
    ヴォー・ル・ヴイコント庭園の面積は約70ヘクタールといわれているが、ヴェルサイユ庭園となるとさらに巨大化した。イタリアの庭園と比べるとけたちがいに広い。その他の貴族の庭園の場合もヴォー・ル・ヴイコント庭園と同様に広い。
  • 軸構成
    構成特徴はまず館を中心あるいは起点として庭園の中央を貫く力強い軸線を通し、遠くまで見通せるヴィスタを形成している。そして特にその軸線沿いは左右対称性を持たせて庭園全体を構成している。また全体を見渡すなら、館に近いほどより細かく緻密なデザインがなされている。ファサードがシンメトリーに構成され軸線をもった庭が付属した宮殿の初の例は、ルメルシェが建てたリシュリューそのひとの城で、そこでははじめて中央の通がポワトーの森を切って伸びる通路として計画されている。
  • ビスタ(通景線)
    イタリア式に比べると庭園の外に広がる風景を楽しむパノラマがなくなった。逆に、たとえ地平線がみえても、そこはまだ庭園の内部である。よって、庭園の中に収まるひとつの空間世界が創られ、さらに庭に新しい要素としてパースペクティブを持ちこまれ、以後、庭の様相を支配することになる。これはきわめて強く支配的な要素で、フランスの庭をバロックの無秩序や夢想から抜け出させ、一気に古典的な秩序へと導いた。かくしてルネサンスの庭園はしだいに消え去る。この形式の庭園から、庭園設計は庭師から庭園建築家とでも呼ぶべきものがそれにとって変わったとされている。
  • 毛氈花壇
    植物を使って刺繍のように見える庭はフランス語でパルテール、英語ではパーテアと呼ばれる。幾何学模様を施し、ツゲのボックス・ヘッジを組んでその中に緑色以外の植物を植えて対比を美しく見せる。
  • 高い生垣
  • トレリス(格子垣)
    遊びの庭がツゲに縁取られて幾何学的な形態をみせるパルテールが格子垣に囲まれて、美しい手すりの上に絡み合った菩提樹の枝が差し伸べられる。
  • カナル(運河)と水面
    庭園の要素としてはイタリア式に比べ、水の扱いが異なる。雄大な噴水のほかに水量が不足したためか広い水面を装飾的に見せる役割になっていった。池とカナルの水面が広くなり、またアレハンブラ庭園のような静的な利用に重点がおかれている。
  • ボスケ(樹林)と庭園内庭園
    フランス式庭園の中にある森は、ボスケと呼ばれる。イタリア式の「ボスコ」では、多くの場合は規則正しく碁盤目状にナラなどの樹木が植えられていた。フランス式ではこの「ボスケ」の中に小さな庭園がまた造られはじめていく。周囲が樹林で囲まれているので静寂な場所と化す。ボスケはこの小庭園の名勝で呼ばれるようになる。

参考文献[編集]

  • 『庭園史をあるく―日本・ヨーロッパ編』昭和堂 (おそらく京都造形芸術大学のテキスト『造園史』と同じもの。)
  • 岩切正介『ヨーロッパの庭園』中央公論新社、2008年

著名な庭園[編集]

関連項目[編集]