ベネッセハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg ベネッセハウス
Benesse House
Benesse house01s3200.jpg
ミュージアム棟屋上庭園から海を望む
施設情報
事業主体 ベネッセコーポレーション
建物設計 安藤忠雄
開館 1992年
所在地 761-3110
香川県香川郡直島町字京ノ山3419番地
位置 北緯34度26分42秒 東経133度59分27.2秒 / 北緯34.44500度 東経133.990889度 / 34.44500; 133.990889
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

ベネッセハウス(英名:Benesse House)は香川県香川郡直島町に在るホテルを備えた現代美術に特化した美術館。海外で最も知名度の高い日本のリゾート施設の一つ。瀬戸内海の小島「直島」の南部、通称・琴弾地と呼ばれる地区に位置する。

概要[編集]

福武總一郎の依頼で建築家安藤忠雄が全体設計した直島文化村プロジェクト・ベネッセアートサイト直島の中核施設。 丘の上の本館・ミュージアム棟(旧称直島コンテンポラリーアートミュージアム)は1992年、宿泊専用棟「オーバル」は1995年、海辺の宿泊専用棟「パーク」「ビーチ」は2006年に開館した。

「自然・建築・アートの共生」をコンセプトとして設計されており、館内のミュージアム、共有エリア、客室はもとより、ミュージアム棟とパーク棟を結ぶ林間、浜辺まで、芸術作品の展示スペースとなっている。 屋外展示作品の大半は作家が当地で製作した作品である。

コンデナスト社が発行する旅行誌『コンデナスト・トラベラー』の "seven places in the world you should see next" (次に見るべき世界の七か所)特集で取り上げられたことをきっかけに、世界各地の新聞や雑誌で紹介されており海外での注目度も高い施設である[1][2]

施設[編集]

テラス棟レストラン
Walter De Maria「Seen/Unseen Known/Unknown」
George Rickey「Three Squares Vertical Diagonal」
Shinro Ohtake「Shipyard Works: Cut Bow」
  • 本館・ミュージアム棟 - 1992年竣工、SRC、美術館、宿泊施設、レストラン、カフェ、バー、ライブラリ
  • 別館・宿泊専用棟「オーバル」 - 1995年竣工、SRC
  • 別館・宿泊専用棟「パーク」 - 2006年竣工、木造、地上2階建
  • 別館・宿泊専用棟「ビーチ」 - 2006年竣工、木造、地上2階建、レストラン、スパ

主な展示品[編集]

利用情報[編集]

  • 開館時間 - 8:00 ~ 21:00(最終入場は20:00)
  • 休館日 - 年中無休
  • 所在地 - 〒761-3110 香川県香川郡直島町字京ノ山3419番地

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.jnto.go.jp/eng/location/regional/kagawa/naoshima.html
  2. ^ ジェームズ・ボンドシリーズの小説『赤い刺青の男』(2002年)で、G8サミット会場として実名で登場したこともある。

外部リンク[編集]