草間彌生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
草間彌生
生誕 1929年3月22日(85歳)
長野県松本市
国籍 日本の旗 日本
分野 彫刻家画家
最終学歴 京都市立美術工芸学校(現・京都市立銅駝美術工芸高等学校)卒業
影響を与えた
芸術家
ジョージア・オキーフ[1]
ウェブサイト 公式サイト
受賞
テンプレートを表示

草間 彌生(くさま やよい、1929年昭和4年)3月22日 - )は、日本彫刻家画家小説家女性長野県松本市生まれ。草間弥生と新字体で表記されることもままある。

絵画の画面や彫刻の表面のみならず、見る者の視界を覆い尽くさんばかりの水玉模様モチーフを使うことが特徴。合わせ鏡を用いて光やオブジェを無限に広がるように見せるインスタレーションや、男根状のオブジェを日用品などに張り付ける立体作品も制作している。カボチャをモチーフにした作品も、しばしば見られる。

また、ファッションデザインや小説執筆などの活動も行う。

来歴[編集]

松本駅近くで種苗業を営む裕福な家に生まれ、幼いころから草花やスケッチに親しむ。その一方、少女時代より統合失調症(医学博士西丸四方が診断)を病み、繰り返し襲う幻覚幻聴から逃れるために、それら幻覚や幻聴を描きとめる絵を描き始める。草間は現在に至るまで水玉(ドット)をモチーフに制作する事が多いが(ドット・ペインティング)、これは耳なし芳一が幽霊から身を守るために全身に経で埋め尽くした様に、彼女が恐怖する幻覚や幻聴から身を守るために、作品全体を水玉(ドット)で埋め尽くす儀式でもある、とされる。

1945年(昭和20年)、大戦下に疎開してきた画家らが立ち上げた「第一回全信州美術展覧会」で並み居る顔ぶれの中16歳で入選。松本高等女学校(現:長野県松本蟻ヶ崎高等学校)を卒業後、京都市立美術工芸学校(現:京都市立銅駝美術工芸高等学校)の4年生最終課程に編入して日本画を学び、翌年卒業。後に役立つ絵画技法を身につけるが、旧弊な日本画壇に失望。松本の実家へ戻り、寝食も忘れ毎日数十枚以上を描き、没頭する。

1952年(昭和27年)、地元の松本市公民館(旧:松本市公会堂)で2度の個展を開く。1度目の折、精神科の西丸四方[2]が立ち寄り感銘し絵を購入。関東精神神経医学学会で紹介するほか、知人でゴッホ研究で有名な精神科医・式場隆三郎が、東京日本橋白木屋百貨店などでのつてを紹介される縁を得る。2度目の個展では師と仰ぐ松澤宥に賛助出品してもらい、パンフレットに松澤宥と懇意だった当時著名な美術評論家瀧口修造らの寄稿文も掲載される。西丸博士と瀧口は、その後生涯にわたるよき理解者となった。

1954年(昭和29年)から翌年にかけ、東京で4度の個展。白木屋百貨店ほか、瀧口の関るタケミヤ画廊でも個展。瀧口がニューヨークの第18回国際水彩画ビエンナーレへ彼女を紹介し、渡米の糸口を作る。この時期、素描のほかにコラージュなども量産している。

「シャングリラの華」(霧島アートの森

1957年(昭和32年)に渡米する。活動の中心をニューヨークに置き、ドナルド・ジャッドジョゼフ・コーネルらと親しくなる。絵画のみならず男根状のオブジェを既製品にはりつけた立体作品やインスタレーションを始め、ハプニングと称される過激なパフォーマンスも実行、ヴェネツィア・ビエンナーレにもゲリラ参加し、1960年代には「前衛の女王」の異名をとった。平和・反戦運動にも携わる。1968年(昭和43年)、自作自演の映画『草間の自己消滅』が第4回ベルギー国際短編映画祭に入賞、第2回アン・アーバー映画祭で銀賞受賞。また、第2回メリーランド映画祭でも受賞。

1973年(昭和48年)、親友でパートナーのジョゼフ・コーネルが死去した。草間は体調を崩し日本へ帰国、入院した。1978年(昭和53年)、処女小説『マンハッタン自殺未遂常習犯』を発表、1983年(昭和58年)、小説『クリストファー男娼窟』で第10回野性時代新人賞を受賞するなど小説家としての活動も行っている。小説もその芸術創作と主題がリンクしており、少女時代の幻視体験をモチーフにしたものもある。

草間の活動が再び活発になったのは1990年代初頭である。1993年平成5年)、ヴェネツィア・ビエンナーレに日本代表として参加。世界的に再評価熱が高まった。2009年にはauiidaブランドの端末をプロデュース、2012年にはルイ・ヴィトンとの共同コレクション(マーク・ジェイコブスによるディレクション)を発表するなど[3]、商業分野での活動も盛んに行なっている。

現在の取扱代理画廊は、1980年代よりオオタファインアーツ、2007年よりVictoria Miro Gallery、2013年よりDavid Zwirnerである。

2013年現在、初の個人美術館が東京都新宿区で建設中であり、2013年中に完成、2014年の開館を予定している[4][5]

年譜[編集]

主な展覧会[編集]

出版物[編集]

作品集[編集]

小説[編集]

  • 『マンハッタン自殺未遂常習犯』工作舎、1978  角川文庫、1984年。
  • 『クリストファー男娼窟』角川書店、1984年 而立書房、1989年 角川文庫、 第10回野性時代新人文学賞
  • 『聖マルクス教会炎上』パルコ出版、1985年
  • 『天と地の間』而立書房、1988年
  • 『ウッドストック陰茎切り(ファロスカッター)』ペヨトル工房、1988年
  • 『痛みのシャンデリア』ペヨトル工房、1989年
  • 『ケープ・ゴッドの天使たち』而立書房、1990年
  • 『心中櫻ヶ塚』而立書房、1989年
  • 『セントラルパークのジギタリス』而立書房、1991年
  • 『沼に迷いて』而立書房、1992年
  • 『ニューヨーク物語』而立書房、1993年
  • 『蟻の精神病院』而立書房、1994年
  • 『すみれ強迫』作品社、1998年
  • 『ニューヨーク’69』作品社、1999年

詩集[編集]

  • 『かくなる憂い』 而立書房、1989年。

ノンフィクション[編集]

  • 『無限の網−インフィニティ ネッツ』 作品社、2002年。 - 自伝

映画[編集]

テレビ出演[編集]

その他の活動[編集]

  • 2005年、「スヌーピーライフデザイン展 Happiness is the 55thAnniversary」に参加。
  • 2008年、ランコムとのコラボレーションで、水玉・ポーチを作成。
  • 2009年、KDDI携帯電話等の移動体通信事業を含む総合ITサービスブランド「au」の新ブランド「iida」とのコラボレーションで草間本人プロデュース、およびデザインした携帯電話「iida Art Editions YAYOI KUSAMA」シリーズ3種(内訳は「ドッツ・オブセッション、 水玉で幸福いっぱい(TSX01)」「宇宙へ行くときのハンドバッグ(TSX02)」「私の犬のリンリン(TSX03)」。3機種ともベース機はT001)を作成。いずれも同年7月30日に完全限定モデルとして販売。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]