セーフルーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セーフルーム(Safe Room)は、主に住宅において、不法侵入者が発生した際に、一時的に避難するために設置しておく部屋。少人数用シェルターの一種。隠し部屋になっていることが多い。

パニック・ルーム(Panic Room)との呼称でも知られ、避難室[1]緊急避難室[2]緊急避難部屋などの呼び方もある。

住宅[編集]

欧米では、酸素供給装置や電源トイレなどを備えるレベルのものもある、食料も貯蔵しておき、肝心な外部との連絡・通報手段も考えられている[3]

日本では、小さな茶室のような雰囲気ながら、外からの侵入を防ぐ鉄鋼引き戸を用いたものもある[4]

なお、津波対策の用途として「セーフティルーム」という語が用いられることもある[5]

学校・船[編集]

学校でもその備えの必要性はあると考えられなくもなく、設置している所もあるが[1]、多人数を収容できるスペースを別個に確保するのは難しい。通常時は多目的教室として使用するなどの工夫もある[1]

なお、ダビュークのように、海賊などに対するセーフルームを持つドック型揚陸艦)もある。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]