基礎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

基礎 (きそ、Foundation) は構造物からの力を地盤に伝達し、構造物を安全に支える機能をもつ構造である。下部構造(かぶこうぞう)とも呼ばれ、それに対して建築物本体を上部構造と呼ぶ。また、構造物の基礎を作る工事基礎工事と呼ぶ。

基礎に求められる性能[編集]

これらを併せて許容耐力という。

基礎の形式[編集]

深い基礎[編集]

大きな建築物に用いられる

併用基礎[編集]

直接基礎[編集]

浅い基礎。地盤改良を伴う場合もある。

木構造に用いる基礎[編集]

布基礎(防湿用または耐圧盤のコンクリートが敷設されている)

木構造建築物、主に一般住宅程度のものに用いられる。地盤の補強と整地を兼ねた地業を行ない、その上に捨コンクリートをし、構造に適応する基礎が施工される。主に布基礎と独立基礎がある。

布基礎
土台を乗せることが多い。この場合、予めアンカーボルトを付属させておく必要がある。幅は12cm以上ある必要がある。 
独立基礎
特に大きな荷重がかかるなどの下に用いられることが多い。柱や床束の乗せられる束石くつ石もその一種である。

これらは、地盤条件、構造物の性質、施工条件などを考慮に入れて、選択される。

関連項目[編集]