納戸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

納戸(なんど)とは、住宅において普段使用しない衣類家具・調度品などを収納するための空間。建築基準法で「居室」の基準に適合しないものを言う。

起源[編集]

平安時代の貴族的な建築様式である寝殿造では、出入りする戸以外の開口部がほとんど無い、四方を土壁に囲まれた塗籠(ぬりごめ)と呼ばれる閉鎖的な空間が設けられていたことが、14世紀ごろの絵巻物「慕帰絵(ぼきえ、重要文化財)」に描かれている。この塗籠は寝室としても用いられていたが、高価な宝物を収納していたことから、納殿(おさめどの)とも呼ばれるようになった。

塗籠はその後、天皇御所では剣璽の間として残り、武家屋敷では江戸時代まで形式的に残ってはいたが、寝室として使われることはなく、大切なものを置く場所になっていた。このような住居の一角に閉ざされた区画を設け、物を収納するという習慣は次第に庶民にも広まり、納戸と呼ばれるようになったと考えられている。[1]

呼称と用途[編集]

不動産公正取引協議会連合会が申請し、公正取引委員会に認定された規約によると、開口部など)が不足していて採光や通気性が十分確保されていなかったり、天井高が低いことなどから、建築基準法で言う「居室」の基準に適合しないものを「納戸等」と表示するよう定めている。

不動産取引では、「サービスルーム」「スペアルーム」の頭文字を取ったSを用いて、例えば「3LDK」に満たない部屋を含む間取りを「2SLDK」などと表記する。これは非常に狭く明らかに収納スペースとしてのみ機能する区画を「押入」「クローゼット」などと呼ぶことに対して、建築基準法で定められているために明言はできないが、採光不足など一部に目をつぶれば、納戸は居住空間としても用いることができるとしてアピールする狙いがあると考えられる。近年においては、「ユーティリティスペース」「多目的ルーム」などと呼ばれることもある。

部屋数の少ない世帯においては、3畳から4畳半程度の広さがある場合、実際に子ども部屋や書斎として利用されることが多い。

なお、起源の項で記した寝室としても利用する習慣は、納戸と呼ばれるようになってからも受け継がれており、現在でも地方の農家などにおいては、寝室を指して納戸と言うこともあるという。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本人とすまい3 しきり』リビング・デザイン・センター、1997年11月7日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]