廊下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
法隆寺の回廊
渡り廊下(西教寺

廊下(ろうか)は、建物の内部・外部に存在する通路部屋を接続するために存在し、建物間を接続する場合は渡り廊下と呼ばれ、建物・中庭を取り囲むように造られたものは回廊と呼ばれる。

寝殿造の渡殿(2つの建物をつなぐ)は、幅が広く取られており、仕切りを区切ったりを敷いたりして部屋の代わりとすることがあった。左右に壁のない渡殿は透渡殿と呼ばれた。また、建物のまわりの廊下は簀子(すのこ)と呼ばれた。

関連項目[編集]