トイレ用擬音装置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
外観。右側のセンサーに手をかざすと、流水の音が出る
擬音装置を搭載した電装式の最新のフラッシュバルブ

トイレ用擬音装置(トイレようぎおんそうち)とは、音響機器の一つで、水洗音などを擬似的に発する機能を持つ。

概要[編集]

主に女性用トイレ内の個室に設置される。を発生させることで、排便排尿や生理用品を交換する時、および衣服をずらした時などに発生する音(これらの音を以下「排泄音」という)をマスキング(より大きな音で隠すこと)するために用いられる音響機器の一種である。

こういった装置の生まれた背景には、日本人の特に女性に見られる自分の排泄音を他人に聞かれるのを嫌う羞恥心があげられる。擬音装置が開発される以前は、排泄音を隠すため、排泄時に水洗トイレの水を流す(場合によっては個室を使用している間中水洗レバーを倒して水を流しっぱなしにする)人がおり、こと多くの人が利用する公衆トイレでは無視できない水資源の無駄遣い、ひいては施設の維持コスト増加の要因ともなっていた。擬音装置はこうした水の無駄遣いを防止し、また経済的負担を軽減するため、水を流して音を消す行為を代替させる目的で開発された。こうした意識は日本特有であり、外国において排泄中の音が他人に聞こえることを恥じたり、それに伴う“音消し”行為はほとんど見られない。

近年は節水や施設利用者へのサービスの一環で、この装置を導入する施設が増えている。装置の形式としては、洋式便座の一機能となっているものと、電源が得にくく個室も狭い既存のトイレにも後付け可能な壁掛け電池式の薄型機種がある。

この装置が設置されているトイレには、マスキングのために水を流すのをやめて装置を使用するよう、啓蒙用のポスターなどが貼ってあることもある。

また、電装式のフラッシュバルブに、この装置を内蔵された機種もあり、赤外線人感センサで大便器の個室内で人体を感知すると自動的に擬音装置が作動して、不必要にフラッシュバルブを操作させなくして水の無駄遣いを防止する。

日本では、TOTOINAXが開発販売を行っており、単体および温水洗浄便座装備のものを用意している[1]

機器の仕組みとしては、ICレコーダーのようなデジタル音声再生による電子回路を利用して流水音を再生している。また、不特定多数の人が触れる公衆トイレ内の付帯機器に素手で触れて操作する忌避感に配慮して、押しボタンではなく非接触スイッチ(手をかざすと水が出る蛇口と同じ)としている機器も見られる。

備考[編集]

  • 一般的に音姫として定着しているが、「音姫」の名称はTOTOの登録商標であり、1988年5月に発売された。
  • トイレ用擬音発生装置としては1979年折原製作所から「エチケットーン」が発売されている。
  • 来人を感知し、自動的に音が流れる機種もある。
  • 設置型ではなく、乾電池式の小型携帯用(エポック社エコオトメなど)や、携帯電話のアプリケーションとしても開発されている。

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 後者はパブリックトイレ(公共施設や商業施設向け)の女性用として装備されている一方、男性用はビデの機能と共に省略されている。

外部リンク[編集]