鈴木孝夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鈴木 孝夫(すずき たかお、1926年大正15年〉11月9日 - )は、日本言語学者評論家慶應義塾大学名誉教授杏林大学名誉教授。(財)日本野鳥の会顧問。谷川雁研究会特別顧問。

人物[編集]

東京都生まれ。慶應義塾大学医学部予科修了後、文学部英文学科に編入。1950年、慶應義塾大学文学部英文科を卒業(指導教授は井筒俊彦)。専攻言語社会学

イリノイ大学イェール大学オックスフォード大学ケンブリッジ大学などの客員教授、フランス国立社会科学高等研究院などを歴任。

英語公用化論、地球環境論などについても積極的に発言している。英語帝国主義批判の主要な論客としても知られる。

著書[編集]

  • 『鈴木孝夫著作集』(全8巻:岩波書店、1999-2000年)
  1. ことばと文化 私の言語学
  2. 閉された言語 日本語の世界
  3. 日本語は国際語になりうるか
  4. 武器としてのことば
  5. 日本語と外国語
  6. 教養としての言語学
  7. 日本人はなぜ英語ができないか
  8. 人にはどれだけの物が必要か

単著[編集]

  • 『ことばと文化』 (岩波新書、1973年)
  • 『日本語講座第4巻 日本語の語彙と表現』 (大修館書店、1976年)
  • 『ことばの人間学』 (新潮社、1978年/新潮文庫、1981年)
  • 『閉された言語・日本語の世界』 (新潮選書、1980年)
  • 『ことばと社会』 (中央公論社〈中公叢書〉、1982年)
  • 武器としてのことば 茶の間の国際情報学』 (新潮選書、1985年)
  • 『私の言語学』 (大修館書店、1987年)
  • 『ことばの社会学』 (新潮社、1987年/新潮文庫、1991年)
  • 『日本語と外国語』 (岩波新書、1990年)
  • 『人にはどれだけの物が必要か』 (飛鳥新社、1994年/中公文庫、1999年)
  • 『日本語は国際語になりうるか ― 対外言語戦略論』 (講談社学術文庫、1995年)
  • 『教養としての言語学』 (岩波新書、1996年)
  • 『言語文化学ノート』 (大修館書店、1998年)
  • 『日本人はなぜ英語ができないか』 (岩波新書、1999年)

著者は日本人が英語を学ぶ時には、英米人の「土着英語」インド、フィリッピンなどで使われる「民族英語」、日本人やドイツ人が習い覚える「国際補助語としての英語」をはっきり区別して学ぶべきであると主張する。もし多くの日本人が広く世界の人々との交流を第一に考えて英語ができるようになりたいと思っていたら 私たちは「国際補助語としての英語」を目指すところから始めるべきであろう。[1]

  • 『英語はいらない!?』 (PHP新書、2001年)
  • 『アメリカを知るための英語、アメリカから離れるための英語』 (文藝春秋、2003年)
  • 『日本人はなぜ日本を愛せないのか』 (新潮選書、2005年)
  • 『言葉のちから』 (文春文庫、2006年)
  • 『私は、こう考えるのだが。 言語社会学者の意見と実践』(人文書館、2007年)
  • 『新・武器としてのことば ―日本の「言語戦略」を考える』 (アートデイズ、2008年)
  • 『日本語教のすすめ』(新潮新書、2009年)

共著[編集]

関連文献[編集]

  • 池田雅之、滝澤雅彦編集 『比較文化のすすめ 日本のアイデンティティを探る必読55冊』 2012 ISBN 978-4-7923-7095-4 .早稲田大学国際言語文化研究所。 

研究誌[編集]

  • 鈴木孝夫研究会編 『鈴木孝夫の世界〜ことば・文化・自然〜』第1集 冨山房インターナショナル、2010年10月、ISBN 4902385953
  • 鈴木孝夫研究会編 『鈴木孝夫の世界〜ことば・文化・自然〜』第2集 冨山房インターナショナル、2011年7月、ISBN 4905194164
  • 鈴木孝夫研究会編 『鈴木孝夫の世界〜ことば・文化・自然〜』第3集 冨山房インターナショナル、2012年4月、ISBN 4905194369

雑誌[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 池田[2012:62]