三郷駅 (埼玉県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三郷駅
北口(2008年3月)
北口(2008年3月)
みさと - Misato
新三郷 (2.1km)
(2.0km) 南流山*
所在地 埼玉県三郷市三郷一丁目32
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 武蔵野線
キロ程 82.2km(鶴見起点)
府中本町から53.4km
電報略号 サト
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
14,625人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1973年昭和48年)4月1日
備考 業務委託駅
* この間に大宮支社東京支社境界あり(当駅から新三郷寄りは大宮支社管内)
南口(2012年12月)

三郷駅(みさとえき)は、埼玉県三郷市三郷一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)武蔵野線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する高架駅である。駅本屋の建設は日産建設(現・りんかい日産建設)が施工した[1]。改札内コンコースと各ホームを連絡するエスカレーターは2基ずつ、エレベーターは1基ずつ設置されている。

駅の新三郷方は上下線の間に大きな隙間があるが、これはかつて新三郷駅の位置に武蔵野操車場があった名残りである。

業務委託駅JR東日本ステーションサービス委託)[2]みどりの窓口は2013年4月23日もって営業を終了した。指定席券売機自動改札機が設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 武蔵野線 上り 南浦和西国分寺府中本町方面
2 武蔵野線 下り 新松戸西船橋東京方面

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗車人員は14,287人である。武蔵野線内26駅中21位。

かつては南流山駅よりも多かったが、首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスの開通で三郷市内に三郷中央駅が開業したことにより逆転され、当駅の乗車人員も減少の一途を辿っている。2009年度には駅周辺の開発で乗車人員が急増した新三郷駅にも抜かれ、さらに2010年度には越谷レイクタウン駅東松戸駅東所沢駅にも抜かれた。

近年の推移は以下の通り。

年度 一日平均
乗車人員
1999年(平成11年) 16,769
2000年(平成12年) [1] 16,444
2001年(平成13年) [2] 16,297
2002年(平成14年) [3] 16,087
2003年(平成15年) [4] 16,136
2004年(平成16年) [5] 16,234
2005年(平成17年) [6] 15,786
2006年(平成18年) [7] 15,109
2007年(平成19年) [8] 15,109
2008年(平成20年) [9] 14,964
2009年(平成21年) [10] 14,770
2010年(平成22年) [11] 14,455
2011年(平成23年) [12] 14,287
2012年(平成24年) [13] 14,625

駅周辺[編集]

江戸川を渡る武蔵野線。川の右側が三郷駅となる。(2012年12月)

当駅を中心に開発、区画整理された郊外型の住宅街が南北に広がる。当駅のすぐ東側を江戸川が流れる。江戸川橋梁を渡った対岸は千葉県流山市になる。

北口から徒歩2分のところに江戸川河川敷公園があり、土手には下流より利根川分岐点の野田市関宿まで全長60kmのサイクリングロードがある。

公共施設

路線バス[編集]

1 - 6番のりばが南口、7 - 10番のりばが北口発着である。

  • 三郷中央駅までの運賃は各バス会社によって異なる。
  • 早01系統は平日は三郷市役所に入る便と通過する便がある。
  • 早01・金54・松03系統は平日昼間のみ市役所に停車する。

南口[編集]

1番のりば(マイスカイ交通京成タウンバス

  • [M01・金02] 金町駅南口行(総合体育館・三郷中央駅・戸ヶ崎小学校前・みさと公園経由)

2番のりば(グローバル交通

  • [三01] 新三郷駅西口行(幸房西・三郷市役所・三郷中央駅・彦江一丁目・ピアラシティ経由)
  • [三04] 三郷中央駅行(幸房西・三郷市役所経由)

3番のりば(東武バスセントラル

  • [金52] 金町駅行(幸房・三郷中央駅・製鉄所前経由)
  • [金54] 金町駅行(三郷市役所・三郷中央駅・鷹野二丁目経由)

4番のりば(東武バスセントラル)

  • [松03] 松戸駅行(三郷市役所・三郷中央駅・戸ヶ崎三丁目経由)
  • [早01] 三郷中央駅行(三郷市役所経由)

5番のりば(東武バスセントラル)

  • [金54] 新三郷駅行(二街区・三郷団地経由)
  • [金52・松03] 三郷団地(三郷営業所前)行(二街区経由)
  • [流通01・02] (三郷インター南部地区)流通団地行

6番のりば(マイスカイ交通)

  • [M05] ピアラシティ行(三郷北高校前経由) - 現在ピアラシティ右循環とピアラシティ左循環がある。

北口[編集]

7番のりば(マイスカイ交通)

  • [M02] 新三郷駅西口行(しらさぎ公園前・後谷経由)
  • [M60] 後谷行/マイスカイ車庫行(しらさぎ公園前経由)

8番のりば(東武バスセントラル)

  • [早01] 三郷中央駅行(早稲田循環・文化会館東・カトレア公園方面)
  • [三13] 吉川車庫行(文化会館東・早稲田八丁目・鹿見塚経由)
  • [三15] 吉川駅北口行(文化会館東・早稲田八丁目・鹿見塚・吉川車庫経由)

9番のりば(東武バスセントラル)

  • [早01] 三郷中央駅行(三郷市役所経由)

10番のりば(マイスカイ交通)

  • [M02・60] 三郷中央駅行(三郷市役所経由)

降車のみ

新越谷駅東口発の深夜急行バス「ミッドナイトアロー吉川・三郷号」(東武バスセントラル)は三郷駅入口での降車となる

歴史[編集]

その他[編集]

  • 当駅は埼玉県内の駅では最東端に位置する。そのため、当駅から南浦和方は大宮支社の管内になる[3]
  • 当駅は、武蔵野線の撮影スポットとして有名になっている。臨時列車などが走ると多くの鉄道ファンが集まる。
  • 当駅で販売される乗車券は、駅名の上に武蔵野線を示す(武蔵)の文字が表記されることがある。これは武蔵野線と同じ色の103系と201系が区間快速で通過している奈良県三郷駅(読みは「さんごう」)と区別するためである。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
武蔵野線
新三郷駅 - 三郷駅 - 南流山駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『鉄道建築ニュース 1973年4月』、鉄道建築協会、1973年4月。
  2. ^ a b JR東日本ステーションサービス事業エリア
  3. ^ JR東日本事業概要

関連項目[編集]

外部リンク[編集]