西国分寺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西国分寺駅
南口(2012年11月27日)
南口(2012年11月27日)
にしこくぶんじ - Nishi-Kokubunji
所在地 東京都国分寺市西恋ヶ窪二丁目1-18
所属事業者 JR logo (east).svg東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 ニフ
駅構造 地上駅橋上駅)・高架駅
ホーム 各2面2線(計4面4線)
乗車人員
-統計年度-
27,485人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1973年昭和48年)4月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 中央本線中央線
キロ程 32.8km(東京起点)
国分寺 (1.4km)
(1.7km) 国立
所属路線 武蔵野線
キロ程 32.7km(鶴見起点)
府中本町から3.9km
北府中 (2.2km)
(3.5km) 新小平
備考 みどりの窓口
改札口(2007年1月)
1・2番ホーム(2007年1月)
3・4番ホーム(2007年1月)

西国分寺駅(にしこくぶんじえき)は、東京都国分寺市西恋ヶ窪二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)のである。

中央本線武蔵野線の2路線が乗り入れ、中央本線を当駅の所属線としている[1]。中央本線は当駅を含む区間は、運行系統上は「中央線」と案内される。運転形態の詳細については該当記事を参照のこと。

駅構造[編集]

中央線部分は相対式ホーム2面2線を有する地上駅である。ホームは掘割部分にあり、その上部に橋上駅舎を有する。駅本屋の建設は鹿島建設が担当した[2]。同線の複々線化を考慮し、掘割は十分な幅を持っており、ホームの改修により島式ホーム2面4線として機能するようになっている。ただし、2013年現在は複々線用地に店舗が設置されている(後述)。また、駅ホームの手前、国立寄りの中央線上り線路側の掘割斜面には「JR東日本」の文字が示された植え込みがある。

武蔵野線部分は中央線と直交し、相対式ホーム2面2線を有する高架駅である。他に上り線と下り線の間に待避線を持つ。ホームは駅舎よりもやや高い位置にあり、駅舎から4番線へは上り階段で直接、3番線へは線路の下をくぐる連絡通路、あるいは中央線のホームを経由して接続する。

駅舎は中央線掘割の上、武蔵野線の西側にあり、掘割北側と南側を結ぶ自由通路を有する。改札は1か所であり、4基の自動改札機が設置されている。北口側にみどりの窓口と指定席券売機が設置されている。

改札内コンコースとホームを結ぶエスカレーターエレベーターを設置し、バリアフリーに対応している。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
地上ホーム
1 中央線 上り 三鷹新宿東京方面
2 下り 立川八王子高尾方面
高架ホーム
3 武蔵野線 上り 府中本町方面
4 下り 南浦和新松戸西船橋方面

(出典:JR東日本:駅構内図

  • 中央線新宿方面は、早朝・深夜に東京行および総武線直通の各駅停車(立川発着)も運転される。それ以外の時間帯はすべて快速電車である。
  • ATOSの初期導入であった路線の駅に該当するが、近年プログラムの更新が当駅を含めた中央線快速電車の各駅で実施された。新しいタイプは埼京線の赤羽 - 川越間で導入されているものである。2012年に導入された武蔵野線も同様である。
中央線上りホームから下りホームのウェスタン・ヴィレッジを眺める(2012年2月5日)

構内施設[編集]

2011年10月11日ウェスタン調の駅ビルが完成し(運営会社はJR中央ラインモール)、下記の4店舗が先行オープンした[3]

そして、2012年9月13日に「nonowa西国分寺」としてグランドオープンし、下記の16店舗が新たに入居した[4]

  • 中央線ホーム
  • コンコース階
    • ビアードパパ
    • NEWDAYS
    • 中央線SWEETS
      • 豆乳ケーキ はらロールnishikokubunji
      • 一真庵
      • ル スリール ダンジュ
    • ベーカリー ドンク&ミニワン
    • にしこくマルシェ しゅんかしゅんか
    • 青山フラワーマーケット
  • 2階フロア

なお、駅ビルが建設される以前は、コンコース改札内に小竹林立ち食いそば・うどん店)の他非常設で各地の物産品コーナー、1番線ホームにNEWDAYS、2番線ホームに証明写真コーナー、4番線ホームにハニーズバー、改札外コンコースにビューアルッテ山梨中央銀行ATMコインロッカーが設置されていたが、駅ビル新設により閉店、撤去された。

利用状況[編集]

2012年度の一日平均乗車人員は27,485人であった。既成の市街地に駅を設置したのではなく、武蔵野線と中央線の乗り換えの便を図るために駅が開設されたという沿革から、改札を通る乗車人数は東京 - 高尾間の中央線の駅の中では2番目に少ない。中央線と武蔵野線との乗換客は多いが、中央線は快速と各駅停車のみの停車である。なお、武蔵野線内では25駅中第10位であった。

近年の推移は下表の通り。

年度 JR東日本 出典
1992年 17,715 [5]
1993年 18,348 [6]
1994年 19,025 [7]
1995年 19,071 [8]
1996年 19,222 [9]
1997年 18,973 [10]
1998年 18,745 [11]
1999年 18,954 [12]
2000年 19,674 [1]
2001年 20,764 [2]
2002年 21,917 [3]
2003年 22,471 [4]
2004年 23,185 [5]
2005年 23,908 [6]
2006年 24,334 [7]
2007年 25,569 [8]
2008年 26,375 [9]
2009年 26,474 [10]
2010年 26,969 [11]
2011年 26,804 [12]
2012年 27,485 [13]

武蔵野線貨物支線の運賃計算[編集]

武蔵野線貨物支線(国立支線・新小平 - 国立間)はJR東日本の所属であるものの、同社では独立した線区としていない。したがって、旅客列車は当駅経由の扱いとなり、旅客運賃は当駅経由の営業キロで計算する。JR時刻表では「むさしの号」の一部に当駅通過のマークが入っている[13]が、実際には八王子発着の列車が当駅北西方向の地下を通過するこの貨物支線を経由するため、当該列車を当駅で見ることはできない。一方、日本貨物鉄道(JR貨物)では独自の線区としており、貨物運賃はその営業キロ数(新小平 - 国立間5.0キロ)で計算する。

駅周辺[編集]

橋上駅舎からほぼ平面で南北出口につながっている。両側ともにロータリーを有するが、北口側はごく小さく、タクシー乗り場や多少の商店があるのみである。南側は小規模ではあるがバス・タクシー乗り場を有する南口前ロータリーを中心として商店やマンションが並ぶ。ただし、1970年代に開設されたことから、昔ながらの商店街はなく、中央線の他の駅と比較して規模は小さい。

府中街道を挟んだ駅南東部(中央鉄道学園跡地)は大規模に再開発がなされ、高層住宅が立ち並ぶ。その他は府中街道、多喜窪通り沿いに多少の商店がある。

北口[編集]

北口(2012年9月29日)

南口[編集]

南口ロータリー(2012年11月27日)

バス路線[編集]

いずれも京王電鉄バスグループによって運行されている。

  • 西国分寺駅(南口ロータリー)
  • 西国分寺駅北、西国分寺駅南
  • 国分寺市コミュニティバス「ぶんバス」日吉町ルート:泉町二丁目経由 西国分寺駅行

歴史[編集]

東京 - 高尾間の中央線の駅では最も新しい駅である。元々中央線には西国分寺駅は設置されていなかったが、武蔵野線開通に伴い乗り換えの便を図るために設置された。

その他[編集]

  • 武蔵野線は1990年3月10日から京葉線直通で東京駅への乗り入れを開始したため、当駅から中央線・武蔵野線双方に別ルートの東京行が存在する(どちらもオレンジ色の電車)。ただし、両駅間の所要時間では中央線快速で約35 - 50分、武蔵野線は約100分と大きな開きがあるため、駅構内には中央線の利用を呼びかける注意が掲示されている。
  • 当駅の自動券売機では地下鉄・私鉄線の連絡乗車券を発売しているが、購入可能範囲は乗り換え接続駅から初乗り区間のみに限定されている。
  • 中央線連続立体交差化事業による国立駅高架化工事で立川駅 - 当駅間が運休された時は、当駅 - 国分寺駅間で単線での折り返し運転が実施された。なお、当駅の西側から国分寺駅までの区間は築堤・掘割となっており、交差する道路とはすべて立体交差となっているため工事区間に入っておらず、当駅でも立体交差事業に伴った駅の改修工事などが行われる予定はない。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
中央線
通勤特快・中央特快・青梅特快・通勤快速
通過
快速(下りは「各駅停車」扱い)・各駅停車(早朝・夜間の一部列車のみ)
国分寺駅 - 西国分寺駅 - 国立駅
武蔵野線
北府中駅 - 西国分寺駅 - 新小平駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]