潮見駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
潮見駅
駅舎(2005年7月10日)
駅舎(2005年7月10日)
しおみ - Shiomi
*越中島 (2.6km)
(2.0km) 新木場
所在地 東京都江東区潮見二丁目7-20
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 京葉線
武蔵野線直通含む)
キロ程 5.4km(東京起点)
電報略号 シオ
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
11,359人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1990年平成2年)3月10日
備考 直営駅
区 東京都区内
* この間に東京支社千葉支社境界あり(当駅から新木場寄りは千葉支社管内)
ホーム(2008年5月)

潮見駅(しおみえき)は、東京都江東区潮見二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)京葉線である。

京葉線の列車のほか、西船橋駅から武蔵野線に乗り入れる列車も停車する。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する高架駅である。駅舎は高架下にある。

直営駅新木場駅被管理駅)で、指定席券売機自動券売機自動改札機自動精算機を設置している。

当駅から上り(東京)方面へ進むと越中島駅との間で地下線となる。当駅は千葉支社の管内であるが、地下区間は東京支社の管轄となるため、当駅と越中島駅の間に支社境界がある。

JR特定都区市内制度における「東京都区内」に属する。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 京葉線 下り 舞浜新浦安海浜幕張蘇我方面
武蔵野線 - 西船橋新松戸方面
2 京葉線 上り 東京方面

利用状況[編集]

一日平均乗車人員の推移
年度 乗車人員
1989年 2,952[1]
1990年 3,341
1991年 4,061
1992年 4,482
1993年 4,955
1994年 5,298
1995年 6,491
1996年 6,668
1997年 6,548
1998年 6,408
1999年 6,642
2000年 7,803
2001年 8,479
2002年 9,658
2003年 9,950
2004年 10,047
2005年 10,193
2006年 10,591
2007年 10,645
2008年 10,108
2009年 10,234
2010年 9,950
2011年 9,895
2012年 10,575
2013年 11,359
  • 東京都区内のJR駅の中では、越中島駅上中里駅尾久駅三河島駅に次いで5番目に利用客数が少ない。
  • 駅周辺に大型マンションが建設されるとともに当駅の乗車人員も漸増傾向にあったが、内田洋行など企業が移転したこともあり、2009年度をピークに微減が続いていたが、新たなマンションの建設により、持ち直した。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

東京都港湾局発行の「東京港史」によると、「明治43年に着手した市内河川改修工事の浚渫土砂を使って、深川塩崎町・同浜園町(現在の塩浜)及び同古石場町の一部を埋め立て、大正4年には深川枝川町1・2丁目、同10年には深川豊洲の一部、同13年には深川枝川町地先第8号埋立地(現在の潮見2丁目界隈)の工事を実施した。 第8号埋立地については、その後廃棄物処分場(現在の潮見1丁目界隈)として利用したため、昭和42年に竣工している。」とあり、「深川区深川枝川町地先第8号埋立地」という長い名前が歴史上「潮見」の最初の命名である。

当駅周辺エリアに居住が始まった1967年(昭和42年)頃は海運関係の倉庫街、鉄工所、造船所、清掃事業所などの典型的な準工業地区であったが、1990年3月10日の京葉線の新木場 - 東京間延伸により、当駅の開業を発端として急速な集合住宅開発が進行している。

なお、当駅周辺は居住開始時に路線バスはなく、付近で都営バスの東17系統が枝川地区を経由していたが、当駅開業時に乗り入れを開始した。その東17系統は2000年12月12日に廃止された。

大型集合住宅[編集]

  • UR都市機構潮見駅前プラザ1番街・2番街(440世帯/賃貸/2002年4月入居)
  • クレストフォルム東京ビューフォート(267世帯/分譲/2002年4月入居)
  • 潮見一丁目アパート(都営住宅・都民住宅の合築)(482世帯/賃貸/2000年10月入居)
  • ルネ・グランマリーナ潮見(440世帯/分譲/1999年12月入居)
  • ダイアパレス潮見(91世帯/分譲/1997年入居)
  • フィットエル潮見(150世帯/賃貸/2008年2月5日入居)

大型商業施設[編集]

事業所など[編集]

その他の施設[編集]

バス路線[編集]

最寄り停留所は、西口駅前にあるロータリー内の「潮見駅前」である。以下の路線が乗り入れ、東京都交通局により運行されている。前述の通り、かつては東17系統も乗り入れていた。

歴史[編集]

京葉線の新木場 - 東京間が計画される当初、当駅を建設する計画はなかった。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
京葉線
通勤快速・快速
通過
各駅停車(武蔵野線直通含む)
越中島駅 - 潮見駅 - 新木場駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 開業は1990年3月10日のため、22日間の平均を算出。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]