魚油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
魚油
魚油(sardine)
100 g (3.5 oz)あたりの栄養価
エネルギー 3,774 kJ (902 kcal)
0 g
食物繊維 0 g
100 g
飽和脂肪酸 29.892 g
一価不飽和脂肪酸 33.841 g
多価不飽和脂肪酸 31.867 g
22.766 g
0 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(0%)
0 μg
チアミン(B1)
(0%)
0 mg
リボフラビン(B2)
(0%)
0 mg
ナイアシン(B3)
(0%)
0 mg
(0%)
0 mg
ビタミンB6
(0%)
0 mg
葉酸(B9)
(0%)
0 μg
ビタミンB12
(0%)
0 μg
ビタミンC
(0%)
0 mg
ビタミンD
(55%)
332 IU
ミネラル
カルシウム
(0%)
0 mg
鉄分
(0%)
0 mg
マグネシウム
(0%)
0 mg
マンガン
(0%)
0 mg
セレン
(0%)
0 μg
リン
(0%)
0 mg
カリウム
(0%)
0 mg
塩分
(0%)
0 mg
亜鉛
(0%)
0 mg
他の成分
水分 0 g
コレステロール 710 mg
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)
魚油(100g中)の主な脂肪酸の種類[1]
項目 分量(g)
脂肪 100
飽和脂肪酸 29.892
14:0(ミリスチン酸 6.525
16:0(パルミチン酸 16.646
18:0(ステアリン酸 3.887
一価不飽和脂肪酸 33.841
16:1(パルミトレイン酸 7.514
18:1(オレイン酸 14.752
20:1 5.986
22:1 5.589
多価不飽和脂肪酸 31.867
18:2(リノール酸 2.014
18:3(α-リノレン酸 1.327
18:4(ステアリドン酸 3.025
20:4(未同定) 1.756
20:5 n-3(エイコサペンタエン酸(EPA)) 10.137
22:5 n-3(ドコサペンタエン酸(DPA)) 1.973
22:6 n-3(ドコサヘキサエン酸(DHA)) 10.656

魚油(ぎょゆ、fish oil)とは、魚から採取される脂肪油で、しばしば海産動物油と同義語を意味する。通常はイワシサンマなど大量に捕獲される魚類を原料とする。

概要[編集]

他の脂肪油と異なり、脂肪酸成分はパルミチン酸が主であるがステアリン酸ミリスチン酸アラキジン酸オレイン酸ヘキサデセン酸などを含む。また、エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などのω-3脂肪酸である高度不飽和脂肪酸や不鹸化物成分の含量も多い。精製しても空気中で容易に高度不飽和脂肪酸などが酸化され、しばらく放置すると独特の生臭い悪臭を発する。に含まれるDHAの多くは、ラビリンチュラ類の1属である Schizochytrium 属などのような海産の微生物によって生産されたものが、食物連鎖の過程で魚の体内に濃縮されたものである。

用途[編集]

  • 硬化油の原料の一つであり、マーガリンショートニング、あるいは固形石鹸の原料として使用される。魚油を使用した業務用マーガリンを原料として添加している食パンクッキーなどもある。
  • 養魚用の飼料に添加するフィードオイル(養魚飼料油脂)にも利用され、必須脂肪酸供給源として重要な飼料の原料のひとつとなっている。
  • 製革用油、重合油ボイル油、低級塗料用油としても利用される。
  • 魚油に豊富に含まれる高度不飽和脂肪酸はサプリメント健康食品としても利用される。アメリカ心臓協会は、心臓病と闘うための健康的な食事と生活スタイルを勧告している(心臓病#アメリカ心臓協会による2006年版の食と生活の勧告参照)[2]。魚油関連項目を以下に抜粋する。
    • 少なくとも週2回は魚を食べる。魚の油は多価不飽和脂肪酸のω-3脂肪酸を含み、心臓疾患のリスク低下と相関関係がある。
  • エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)は、医薬品として認可されている。(エパデール(EPA)やロトリガ(EPAとDHAの合剤)など)
  • 以前は行灯の燃料としても使用されていた。

脚注[編集]

  1. ^ USDA National Nutrient Database
  2. ^ Our 2006 Diet and Lifestyle Recommendations (英語) (AHA - American Heart Association)

関連項目[編集]

出典[編集]