アラキジン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アラキジン酸
構造式
IUPAC名 イコサン酸
別名 n-エイコサン酸
分子式 C20H40O2
分子量 312.53
CAS登録番号 [506-30-9]
形状 白色結晶
密度 0.8240 g/cm3,
融点 75.5 °C
沸点 328 °C
SMILES CCCCCCCCCC
CCCCCCCCCC(=O)O

アラキジン酸(アラキジンさん、arachidic acid)はピーナッツ油に約1%含まれる飽和脂肪酸である。語源はラテン語でピーナッツを意味する"arachis" である。大豆油における濃度は約2%、ヒマワリ油における濃度は約1%。アラキドン酸水素化することで生成する。水にはあまり溶けず、安定であり、界面活性剤の働きを持つ。還元されるとアラキジルアルコールを生成する。

参考文献[編集]

関連項目[編集]


C19:
ノナデシル酸
飽和脂肪酸 C21:
ヘンイコシル酸