ペラルゴン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペラルゴン酸
構造式
分子模型
IUPAC名 ノナン酸
分子式 C9H18O2
分子量 158.24
CAS登録番号 [112-05-0]
形状 無色油状液体
融点 11–13 °C
沸点 247–259 °C
SMILES CCCCCCCCC(O)=O
出典 NIST

ペラルゴン酸(ペラルゴンさん、pelargonic acid)は、9個の炭素鎖の末端にカルボキシル基を持つ飽和脂肪酸である。

「使い古した食用油に似た[1]不快なにおい」を持つ油状の液体で、水にはほとんど溶けないが、クロロホルムエーテルアルコール酢酸エチルにはよく溶ける。

概要[編集]

天然には、エステルとしてテンジクアオイ属(学名:ペラルゴニウム Pelargonium)、キイチゴ属Ajania属の植物の精油に含まれる。

また、エルカ酸オゾン分解した際の生成物である。

工業用途[編集]

ヒトのにおい[編集]

ヒトの皮膚にも存在し、加齢に伴うにおいの原因物質(2-ノネナールによる「加齢臭」とは別)として、2008年に特定された[1]

皮脂の酸化による「30代男性特有のにおい」であり、ポリフェノールが豊富なメマツヨイグサ抽出液によって、においが緩和(酸化抑制)されるという報告もある[1]

酸化される要因としては、紫外線などの外的なものや、ストレス・生活習慣の乱れなどによる内的なものがある。特に30代男性は皮脂分泌量がピークとなるので、酸化が顕著だと言われている。発生源は皮脂腺の多い胸・背中、首周りなど[2]

C8
カプリル酸
飽和脂肪酸 C10
カプリン酸

脚注[編集]

  1. ^ a b c プレスリリース - ライオン株式会社 2008年11月13日
  2. ^ COBSトレンドサプリ:「男の曲がり角」は34.7歳です! - COBS ONLINE 2008年12月5日

関連項目[編集]