サピエン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サピエン酸
識別情報
CAS登録番号 17004-51-2
PubChem 5312419
ChemSpider 4471844
特性
化学式 C16H30O2
モル質量 254.41 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

サピエン酸 (サピエンさん、16:1, n-10, シス-6-ヘキサデセン酸、: Sapienic acid)は、人の皮膚を構成する主要な脂肪酸。 サピエン酸は、毛の生えている動物のなかでは人間に特有な脂肪酸であることがその名称の起源となっている。マウスの皮膚においてこれに相当する脂肪酸はパルミトレイン酸((シス-9-ヘキサデセン酸))である。[1]

脚注[編集]

  1. ^ Katsuta, Yuji; Toshii Iida, Shinji Inomata and Mitsuhiro Denda (2005). “Unsaturated Fatty Acids Induce Calcium Influx into Keratinocytes and Cause Abnormal Differentiation of Epidermis”. Journal of Investigative Dermatology (Nature Publishing Group) 124 (5): 1008–1013. doi:10.1111/j.0022-202X.2005.23682.x. PMID 15854043. http://www.nature.com/jid/journal/v124/n5/full/5602810a.html. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Waxes, The Lipid Library