皮脂腺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

皮脂腺(ひしせん)は、皮膚の内部にある小さい。主に皮脂分泌し、皮膚や毛髪の表面の保護や保湿の働きをする。脂腺とも。

体毛1本に対してそれぞれ皮脂腺が存在するが、体の場所によって皮脂腺が発達しているところとそうでないところがある。頭皮は発達している例であり、髪を保護するために多量の皮脂を分泌する。しかし髪があまりにも長いと全体に皮脂が行き渡らないため、リンストリートメントを使用して補うことがある。

ストレスを受けると体内の活性酸素が急激に増加して皮脂腺が活発になるが、この時分泌された皮脂には通常より強い臭いを伴う。