依り代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
由岐神社京都市左京区)の神木注連縄が張られ、依り代であることが示されている

依り代依代憑り代憑代(よりしろ)とは、神霊が依り憑く(よりつく)対象物のことで、神体などを指すほか、神域を指すこともある。

概要[編集]

意味[編集]

日本古神道の由来の民間信仰神道の根底には、あらゆる物に精霊などのマナ(外来魂)が宿ると考える自然崇拝があった。その意味では、依り代とは、森羅万象がなりうるものである。一般的に、マナは太陽山河森林などから来て物、特ににつくとされ、そのような物を祀る磐座(いわくら)信仰や神籬(ひもろぎ)信仰が始まっていった。そのようにして祀られる巨石・岩や高木には、現在も注連縄が飾られる。

また、日本の神として古事記日本書紀にある人格神(人の形や人として捉えられる神)にも、根底に同じ考え方があり、所縁のある物や象徴する物(中が空洞の物体が多い)に依り憑いて具象化する(太陽神を象徴する鏡、髭籠等)ことで力を及ぼすと考えられたようである。

言葉[編集]

祭礼で使われる梵天(ボンデン、ホデ)と呼ばれる「床屋の耳掻きの、丸く切りそろえたる」物や、だいがく、などは神霊を迎える側からの呼称である招代(おきしろ)と呼ばれる。

折口は、1915年4月、雑誌『郷土研究』へ掲載した論文『髯籠の話』の中で、柳田國男の 柄杓、瓢、杓子に関する膨大な資料等を参照し、「採り物」と呼ばれる柄杓状の呪具が、マナを招き、「えぶる(集める)」物を指すものの、古神道や日本の民俗信仰で用いられる、神降ろしの印を表す言葉がない、という問題から、依り代という言葉を、招代・標山とともに初めて用いた(なお、柳田國男は依り代という語を二度しか用いなかった)。

ただし、現在の神社神道では、森羅万象が依り代になりうるとは必ずしも考えていないため、いわゆる依り代を指す表現は御霊代(みたましろ)・かんなぎ)であり、神奈備(かむなび)等の神域や、時代考証、伝統により由来のはっきりした、上代(じょうだい 桓武天皇の時代)以前から神体とされるものは、かみしろ(神代・上代)とよばれる。

古神道から神社神道へ[編集]

古神道から形式や儀式が、長い歴史のなかで緩やかに定常化されつつあり、現在ほとんどの依り代は、神体として崇拝の対象(依り代が崇拝の対象ではなく、憑依する神が崇拝の対象)となり、家庭での神棚などの簡易なものから、神社神殿などの祭祀の施設が設けられている。

これらの神社などの多くは、もともと古神道で信仰されていた場所に建てられ、その場所にある磐座・神籬がその神社としての依り代となっている場合が多い。また、同様に、(サカキ)に代表される(ナギ)などの革厚で光沢のある葉を持つ常緑の広葉樹を、神の依り憑く神木としている。また祭礼など特殊な場合には、山や神殿等から、より身近な場所に神霊を降臨させる臨時の依り代(神輿山車)がある。

人として・巫[編集]

かんなぎ神和ぎ)とは、霊の依る人をあらわす。特に依巫(よりまし、憑巫尸童)という。その呼称は『袖中抄』という平安時代末期の書物に「物つきをよりまし」という語が載せられている。

尸童とも書かれるように、童児であり、巫女が主体ではあったが、男性や子供も現在でも少数ながら依巫になる例がある。依巫が神下ろしをしたり、オシラサマ等の依り代から神意、神託を知り一般に伝えることを職業として行ったのが、神道(神社)の神主巫女の始まりで、卑弥呼なども祈祷師としての巫女であったと伝えられる。また陰陽師道教陰陽五行思想の影響は受けているが、分類上は日本の神道に属し、祈祷や依り代を作る側面を持つ。

神職だけでなく、福男や福娘や神事に携わる庶民(祭り弓矢の矢取りなど)や祭りの興行者(相撲力士太神楽芸人あるいは、縁日露天商など)もその源流(猿楽・くぐつなど)は「かんなぎ」であり、良い縁起を齎すものとして、特別な力があると考えられてきた。

ホトケ[編集]

柳田國男は、ホトケと呼ばれる道具(墓標あるいは位牌、オシラサマ)が存在した調査結果[1]から、「仏教以外の、ホトケという」よりしろがあったという説を提唱している。また、「霊は窪んだ物に依る」という思想を継承していた日本人が、仏教を受容した際 「ホトケというカミ」の説明として、善光寺の「臼に乗った仏像」伝承があったのではとする。なお白川静は、仏の語源について、「ブッダの音訳であるが、ケは不明」[2]とし、ホトケの語源に「缶(ホトギ)」起源説が抜きがたく存在する。

九十九神や塚・慰霊と感謝[編集]

日本には森羅万象に神や魂が宿るという考え方から、多くのものや事柄に対し「畏怖や畏敬の念を抱く」という考え方があり、またそれは、物に対する感謝や、物を大事にする・大事に使う・大事に利用する(食する)という考えにつながり、様々なものを依り代として祀ってきた。

九十九神とは、長く生きたものや、長く使われた物に、マナが宿ったものをさす。和(なぎ)めば幸(さち)を、荒ぶれば禍(わざわい)をもたらすとされ、一般的には妖怪とも称される。道具は、杓子、柄杓、のようなものから唐傘井戸など生活に係わる全般におよび、生き物では、などが九十九神として存在する。詳しくは九十九神を参照。

人の作った塚には、様々な生き物や道具などに憑いた神が、荒ぶる神にならぬよう、そして神和ぎ(かんなぎ・和ぐ神)として幸を齎してくれるようにと祀った碑としての(古墳は除くが信仰の対象となっているものもある)がある。具体的な例としては、人形塚包丁塚道具塚などの人工物を祭るものや、鯨塚魚塚といった生き物、または、戦乱や災害や不幸や事件で無くなった人やその遺品を収める、蒙古塚・首塚刀塚、ヨリマシを埋めたものであるらしい「頼政塚」、鵺塚等がある。

関連項目[編集]

自然[編集]

人や祭礼・儀式[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 定本 柳田國男集 第10巻 上記参照の理由から、柳田はホトケを、「よりまし」と表記する
  2. ^ 白川静 『字訓』