天孫神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天孫神社
Otsu Tenson Shrine Entrance.JPG
天孫神社南(大津駅側)神門
(平成21年(2009年)10月11日撮影)
所在地 滋賀県大津市京町3-3-36
位置 北緯35度00分20.6秒
東経135度52分01.6秒
主祭神 彦火火出見尊他3柱
社格 国史見在社論社・旧県社
創建 伝延暦年間(8・9世紀の交)
本殿の様式 流造
別名 四宮
例祭 10月第2日曜日
テンプレートを表示

天孫神社(てんそんじんじゃ)は、滋賀県大津市にある神社社格旧県社

祭神[編集]

由緒[編集]

延暦年間(782年806年)の創建と伝えられる。はじめ琵琶湖畔にあったが、文明年間(1469年1487年)に現在地に移った。元慶6年(882年)に従五位下の神位を授けられた「近江国海南神」[1]と見られている国史見在社論社である[2]明治維新までは「四宮神社」と称したが、明治初年に現在の社号となった。

祭礼[編集]

本祭・曳山巡行中の曳山。経路内には京阪京津線と併走する箇所も存在する(平成21年10月11日)撮影。
曳山から撒かれる厄除けちまき

例祭は10月第2日曜日。前日土曜日の宵宮と併せて大津祭と称される。日吉大社の山王祭、建部大社の祭礼とともに大津三大祭のひとつに数えられる。また、山王祭、長浜曳山とともに湖国三大祭のひとつともなっている。10月9日に宵宮があり、10月10日には、13基の曳山(山車)が市内を巡行する。大津祭の起源は、慶長年間(1596年~1615年)とされる。現在10月10日(体育の日)が10月第二月曜日となり、これに合わせその前々日、前日に行われている。

脚注[編集]

  1. ^ 日本三代実録』同年10月9日条。
  2. ^ 『日本の神々』。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]