多屋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
多屋駅*
駅舎と駅前(2009年12月)
駅舎と駅前(2009年12月)
たや - TAYA
榎戸 (1.1km)
(0.7km) 常滑
所在地 愛知県常滑市多屋町五丁目160
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 常滑線
キロ程 28.6km(神宮前起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
968人/日
-2012年-
開業年月日 1913年大正2年)3月29日
備考 無人駅駅集中管理システム導入駅)
*2003年高架化
改札口
ホーム南側より(2009年12月)

多屋駅(たやえき)は、愛知県常滑市多屋町にある名鉄常滑線である。普通列車のみ停車。

周辺には中部国際空港の従業員向けの単身者住宅が多く建設されている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

2面2線相対式ホームを持つ高架駅。ホームは6両分で、上屋は2両分ある。高架化前は中央の踏切を挟んで両側にホームが広がる構造でホームが向かい合っていなかった。 駅集中管理システム導入済みの無人駅だが、多目的トイレ、エレベーターが設置されている。

のりば
ホーム 路線 方向 行先
1 常滑線 下り 常滑中部国際空港方面
2 常滑線 上り 太田川神宮前方面

配線図[編集]

多屋駅 構内配線略図

太田川・
名古屋方面
多屋駅 構内配線略図
常滑・
中部国際空港方面
凡例
出典:[1]



利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗降人員968人である。2004年度までは常滑線・空港線で最も乗降人員が少ない駅であったが、2008年度まで乗降人員が急増し、2005年度からは急行停車駅のりんくう常滑駅よりも乗降人員が多い。

近年の1日平均乗降人員は下表のとおりである。

年度別一日平均乗降人員[2]
年度 1日平均乗降人員
定期 定期外 合計
2003年(平成15年) 163
2004年(平成16年) 108 113 221
2005年(平成17年) 418 158 576
2006年(平成18年) 404 152 556
2007年(平成19年) 672 201 873
2008年(平成20年) 742 218 960
2009年(平成21年) 694 195 889
2010年(平成22年) 660 200 860
2011年(平成23年) 632 200 832
2012年(平成24年) 738 230 968

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
常滑線
ミュースカイ特急快速急行急行準急
通過
普通
榎戸駅 - 多屋駅 - 常滑駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
  2. ^ とこなめの統計 - 常滑市

関連項目[編集]

外部リンク[編集]