登り窯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
江戸時代に築造された登り窯(信楽焼

登り窯(のぼりがま、enclimbing kiln)と現在一般に呼ばれるものは、窯業陶磁器等を大量に焼成するために、炉内を各間に仕切り、斜面等地形を利用し重力による燃焼ガスの対流を利用して、炉内の各製品を焼成時に一定に高温に保てるよう工夫された窯の形態のことをいう。表面に釉薬を使用する場合は製品の均一という点でこの炉窯が優れている。交通が発達するまでは、消費地に近い、製品の原料となる粘土、燃料、水が豊富な場所が立地[1]に選ばれた 。

登り窯はいくつかのタイプの窯の総称として用いられる。1.伝統的な(ガス窯や電気窯、先端産業のセラミック焼成用のローラーハースキルン等に対して)連房式登窯を象徴的に指す言葉として用いる場合(狭義の登り窯)と、2.一般的に丘陵などの斜面を掘り窪めたり、くりぬいたりして高火度で須恵器陶器を焼成する窖窯(あながま)[2]、3.中国で斜面を利用して陶磁器を焼成した龍窯(りゅうよう)を含めた窯一般をさす場合(広義の登り窯)とがある。

  1. 狭義の登り窯、近世の陶磁器を焼成する連房式登窯→連房式登窯
  2. 窖窯(あながま)斜面を利用した地下式ないし半地下式の須恵器や陶器を焼成する窯→窖窯[3]
  3. 中国で斜面を利用して陶磁器を焼成した単室の窯→龍窯(=ドラゴン窯)

歴史[編集]

日本では、古墳時代初頭までは野焼きのように土器焼成坑土師器焼成坑などの施設で酸化焔焼成[4]によって土器が焼かれていたが、古墳時代中期[5]より朝鮮半島より須恵器が伝来したことに伴ってその生産方法である登り窯[6](窖窯)による還元焔焼成[7]、ならびに轆轤使用も伝わった。16世紀には、熱効率と大量生産に向いた大窯が出現し、まもなく江戸時代になると、かまぼこ状の焼成室を階段状に連ねて仕上がりのばらつきを防ぐとともに大量生産を可能にしたいっそう熱効率が改良された連房式登窯が出現する。近代まで窯の主流を占めていたが、急速に減少しつつある。

構造[編集]

側面下方から見た連房式登窯(常滑焼

連房式登窯の内部はいくつかの焼成室に分かれており、各焼成室はもっとも下が「大口」と呼ばれる燃焼室(窯口)であり、傾斜に沿って上にいくつかの焼成室が続き、それらが繋がった細長い形態をしているため、横から見ればかまぼこが連続したようなイモムシ状に見える。最上部の部屋の先には煙道、そして煙突へと続いている。さらに各焼成室には薪を投入するための「小口」と呼ばれる小さな穴が設けられているのが普通である。

焼成[編集]

焼成温度は一般に最高で1300℃前後に保たれ、約60時間焼くのが普通である。温度管理は職人の勘によって行われるが、かなりの練達を要する。具体的には一番下の大口と各焼成室に設けられた小口からの投薪を使い分け、焼成段階に分けて微妙に温度調整を施す。この作業が丸2昼夜続くことになる。水分を飛ばすための予備段階である焙りを終えた後の本焙りでは大口に薪を投入し、ゆっくりと窯の温度を上げていくが、目標とする温度である1300℃に達するには約1日ほどかかる。この際に、のぞき窓から見ると焼き物は熱せられて透明感のあるオレンジ色ないし白に近い黄色になる。

窯出しは「焚いた時間と同じだけ時間をかけて冷ます」などといわれるように慎重が期され、特に大型のものなどは窯出しによる急速な冷却により割れることもあり注意が必要である。

焼成の際は、周囲に黒煙がもうもうと立ち込め、壮観である。 とりわけ穴窯は燃焼ガス(炎)が窯内を直進し、連房式登窯とは違い、窯内で対流が無い為、火のあたり加減と灰のかかり具合によって作者も予期しない模様や色に焼きあがるため、味があり、同じものは決して二つとしてできないといわれている。登り窯を使って焼かれた陶器独特の有機的かつ微妙な仕上がり具合は「景色」と表現されることもある。燃料にはマツが主に使われる。

日本国内で登り窯が見られる主な産地[編集]

半地上式漣房式登り窯の焚口(丹波立杭焼
斜面に土で築かれた登り窯(連房式登窯)の例。各焼成室が連なっている様子がよくわかる(益子焼)。
壺屋焼の登り窯焚口
丹波立杭焼兵庫県篠山市今田地区)
日本六古窯のひとつであり、約400年の長きにわたって窖窯時代が続いた後、桃山時代末期に至り自然の地形を利用した登り窯が築かれ、現在も約60軒の窯元が残る。
信楽焼滋賀県甲賀市信楽)
日本六古窯のひとつであり、中世末期頃より窖窯によって壺、擂鉢などの焼き物づくりが始められた。近世では茶器も多くつくられ、幕末には陶器製灯明具の一大産地であった。
備前焼岡山県備前市
日本六古窯のひとつであり、中世より窖窯によって壺、甕、擂鉢、などの焼き物づくりが始められた。近世では茶器も多くつくられた。釉薬を使用せず焼締めのみにより製造される。江戸時代前期以前のものは「古備前」と呼ばれ珍重されている。
唐津焼佐賀県唐津市
唐津とは「」へ至る「」、すなわち「中国へ続く」という意味であり、室町時代から桃山時代にかけて徳利などの日用品を多く産出したのが始まりといわれる。茶器の名品も多い。
楢岡焼秋田県大仙市
1863年文久3年)に地元旧家の小松清治が、寺内焼の陶工を招き窯を作らせたのが始まりといわれる。鮮やかな青色で知られる。
益子焼栃木県益子町ほか)
19世紀の中頃に笠間焼の影響を受けて始まったとされ、日用品が多く焼かれ江戸でも多く使われた。
壺屋焼沖縄県読谷村
琉球王府によって1682年に現在の那覇市壺屋に開窯した窯場を起源とする。周辺環境の変化により登り窯は読谷に移ったが、壺屋焼の名称は現在も継承している。

脚注[編集]

  1. ^ 近藤義郎・藤沢長治編 「日本の考古学」図版
  2. ^ 「窖窯」は、考古学で用いられる表記であり、陶芸用語としては「穴窯」の表記が用いられる傾向が強い。
  3. ^ 須恵器を焼く窯を特に須恵器窯といい、分焔柱がないのが特徴であった。
  4. ^ 縄文土器弥生土器、土師器は酸化焔焼成によってつくられた。焼成の際に酸素が入り込むため、できあがった土器は赤みをおびる。また焼成温度が比較的低いため、軟質である。還元焔焼成の移入により日常の道具はそれに替わったが、中世には手づくねの酸化焔焼成の土器「かわらけ」が祭祀用として独特の地位を得ていた。
  5. ^ 従来5世紀とされていたが、京都府宇治市宇治市街遺跡から発見された須恵器が、共に出土した板材の伐採年が年輪年代法389年と推定されたことから、須恵器の生産も4世紀後半にさかのぼる可能性が出てきたと同市教委が発表した(2006年3月22日20時29分閲覧の読売新聞ネット記事および同紙2006年3月23日朝刊社会面[1])。窖窯は、単室で分焔柱をもつものと持たないものがあるが須恵器を焼成するものは持っていない。後に陶器を焼く窯で分焔柱を設けるようになった。
  6. ^ 「登り窯」といえば、窖窯から連房式登窯までを指す広義の概念であって、朝鮮半島から伝来した「あな窯」、「窖窯」も「登り窯」ないし「のぼり窯」が伝来したとみなしているが、「登窯」と書いた場合は、連房式登窯を指す考古学上の編年用語になってしまうので混同しないよう注意を要する。
  7. ^ 還元焔焼成とは、窯をトンネル状などにして、焼成の際、酸素が入り込まないようにした焼成方法。釉薬を用いない素焼き土器の場合は青みないしは灰色を帯び、また、高温で焼成できるため硬質の土器や陶器ができあがる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]