上野間駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上野間駅
上野間駅
上野間駅
かみのま - KAMINOMA
(別曽池信号場)(2.8km)
◄◄富貴 (5.8km)
(0.9km) 美浜緑苑
所在地 知多郡美浜町上野間小手廻間2-1
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 名鉄知多新線
キロ程 5.8km(富貴起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
327人/日(降車客含まず)
-2011年度-
開業年月日 1974年6月30日
備考 無人駅
管理駅:太田川

上野間駅(かみのまえき)は、愛知県知多郡美浜町上野間にある名古屋鉄道(名鉄)知多新線である。

富貴駅との駅間キロは5.8kmで、間に信号場を挟むが名鉄の駅間キロの中では最長距離である[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式2面2線ホームを持つ高架駅で無人駅となっている。駅集中管理システムが導入されている。ホームの有効長が6両編成分しか設置されていないため、8両編成の場合は後ろ2両のドア扱いを行わない。利用者が少ないため[要出典]、エレベーターやエスカレーターは設置されていない。

のりば
ホーム 路線 方向 行先
1 知多新線 下り 内海方面
2 知多新線 上り 太田川名古屋犬山津島方面

配線図[編集]

上野間駅 構内配線略図

内海方面
上野間駅 構内配線略図
富貴方面
凡例
出典:[2]



駅周辺[編集]

  • 美浜町立上野間小学校
  • 上野間郵便局
  • 野間神社

路線バス[編集]

知多乗合 上野間駅前バス停

  • 常滑駅中部国際空港 方面
    • 早朝の1本を除き病院口止まりである。なお、病院口止まりの便は常滑駅で中部国際空港行きに連絡している。
    • 以前は内海行きも運行されていたが漸減したのち運行されなくなった。現在は河和行きも運行されてない。

利用状況[編集]

1日平均の乗車人員は2007年度350人、2008年度343人、2009年度340人、2010年度331人、2011年度327人である。[3] [4]

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
知多新線
特急快速急行急行・■普通
富貴駅 - 上野間駅 - 美浜緑苑駅

脚注[編集]

  1. ^ なお、間に信号場を挟まない場合の名鉄最長駅間キロは同線野間 - 内海間の4.1kmである。
  2. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
  3. ^ 半田市/知多半島の統計(平成23年版) - 運輸・通信
  4. ^ 平成25年版・知多半島の統計/東海市 - 運輸・通信
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]